「UNIQLO」からイネス・ド・ラ・フレサンジュとのコラボレーション第6弾『2016 Fall/Winter INES DE LA FRESSANGE Collection』が発売

uniqlo_4_retoys

「UNIQLO(ユニクロ)」から、世界18の国と地域で展開されるイネス・ド・ラ・フレサンジュとのスペシャルコラボレーション第6弾『2016 Fall/Winter INES DE LA FRESSANGE Collection』が発売中。これを記念して、本コレクション初となるファッションショーを9月8日にUNIQLO銀座店にて開催した。今シーズンのテーマは、1960年代ファッション変革期のパリ。”クラシック&エレガンス”、”シック&ノワール”、”70’s スタイル&ロック”という3つのストーリーに仕立てで、世界中が魅了された当時のパリファッションのエネルギーを感じさせるコレクションを展開している。ショーではUNIQLOデザインディレクター滝沢直己氏がスタイリングと演出を手掛け、クラシックかつモダン、そしてタイムレスなイネスの世界観を全24ルックで披露。ピーコックブルーのカシミヤニットに、美しいシルエットのグレーのフランネルワイドパンツを合わせた、気品溢れるルックでスタートした前半は、エレガントで洗練されたラグジュアリなブルジョワ風スタイルで構成、ビンテージな雰囲気が漂うモヘアのアーガイルニットなどがランウェイを彩った。後半はファッション転換期を象徴する70年代のヒッピースタイル等が登場。シンプルなアイテムの自由な組み合わせによって個性が光るパリジャン・ルックで構成され、70’sテイスト溢れるフレアシルエットのパンツなどの旬なアイテムとのコーディネートも登場。フィナーレでは、当時を象徴する名曲フランソワーズ・アルディの”Comment te dire adieu”を背景に、白のスタンドカラーシャツに重ねたブラックのカシミヤニットのアンサンブルとブラックのコーデュロイキュロットをあわせたモノトーンルックで締めくくられた。UNIQLO銀座店では9月28日まで、12Fにて同コレクションのスペシャルフロアをオープン。アンティーク調のインテリアやビンテージ風の装飾物などで演出された、今シーズンのイネスの世界観を全面に打ち出した空間に足を運んでみては。

uniqlo_5_retoysuniqlo_6_retoysuniqlo_7_retoysuniqlo_8_retoysuniqlo_9_retoysuniqlo_10_retoysuniqlo_2_retoysuniqlo_1_retoysuniqlo_3_retoys

■UNIQLO「2016 Fall/Winter INES DE LA FRESSANGE Collection」

2016年9月9日(金) 順次発売

展開店舗:UNIQLO銀座店 / UNIQLO一部店舗及びオンラインストア

UNIQLO銀座店12F期間限定スペシャルフロア:9月9日(金)~28 日(水) オープン

www.uniqlo.com/inesparis