AGATHA PARISの新作コレクション「Africa 1925」が、京都の文様作家APSUとコラボレーション 1日限りのパブリックビューイングを開催

AgathaXApsu_visual

“シックなデザインをアクセシブルに”をモットーに創業した「AGATHA PARIS(アガタ パリ)」の新作コレクション『Africa 1925(アフリカ1925)』が、パリの姉妹都市・京都の文様作家「APSU(アプスー)」とコラボレーションし、1日限りのパブリックビューイングを南青山のスパイラルガーデンにて開催する。新作の『Africa 1925』は、アフリカの自然からインスパイアーされた幾何学模様のコレクションで、ボールド、ミニマル、そしてエレガントなデザインが特徴。そのコレクションから着想を得たAPSUの作品と映像を、同じ空間に展示する。APSUは、手書きの幾何学的で繊細な”線”を用いた画風を特徴とする文様作家。また、音楽活動も行っており、その画風にも繋がるミニマルで神秘的な世界をサウンドで表現している。1日限りのパブリックビューイングに足を運んでみてはいかが。

 

■AGATHA PARIS新作コレクション「Africa 1925」パブリックビューイング

2016年8月30日(火) 11:00~20:00 開催

スパイラルガーデン(スパイラル1F):東京都港区南青山5-6-23

お問合せ:アガタジャポン株式会社 (TEL 03-3769-6708)

https://www.agatha.co.jp/