東京ガーデンテラス紀尾井町に"日本"にこだわったグリルレストラン「NoMad Grill Lounge」がオープン

NoMad Grill Lounge_001

旧赤坂プリンスホテルの跡地に再開発された「東京ガーデンテラス紀尾井町」の4階に、新業態「NoMad Grill Lounge(ノマドグリル・ラウンジ)が、7月27日よりオープンする。NoMad Grill Loungeは、東京ガーデンテラスの中でも最も広大なメインのロケーションに、日本人が東京でしか実現できないレストランとして、”TOKYO MODERN CHOPHOUSE”をコンセプトに、食材から調味料、またサービススタイルにいたるまで、”日本”にこだわった全く新しいスタイルのグリルレストラン。江戸時代より格の高さで知られる、歴史ある紀尾井町という街で、日本国内の生産者・業者との直接のつながりで仕入れた、個性あふれる野菜や魚介、熟成スペシャリストとのコラボレーションで生まれたこだわりの牛肉など、日本の誇り高きおいしいものを四季折々の表情で、そして日本らしいおもてなしや風流を感じる演出でサービスするレストランが誕生する。特に肉は銘柄和牛だけではなく、赤身の美味しい短角牛、あか牛を使ったTボーンステーキやトマホークスタイルのポークチョップなど、他では決して味わうことはできないものが提供される。さらにテラスには、東京のコミュニケーションハブとして大人が集うルーフトップバー&ラウンジを完備。店内と同じ広さを誇り、日本酒や焼酎にもフィーチャーした様々なカクテルが提供される。この夏特にオススメなのは、贅沢に使用したレモンに和三盆を効かせ、強めのソーダでアップしたジンベースの「NoMad(ノマド)サワー」。日本人だけが東京でしか実現できないレストラン「NoMad Grill Lounge」にぜひ足を運んでみては。

NoMad Grill Lounge_02

■NoMad Grill Lounge

2016年7月27日(水) 発売

東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町4F / TEL 03-5226-1129

http://nomad-grill-lounge.com