CoSTUME NATIONAL青山旗艦店にてコンセプチュアルアートの先駆者ソル・ルウィットの個展を開催

CoSTUME NATIONAL_Sol Lewitt

CoSTUME NATIONAL(コスチューム ナショナル)は、コンセプチュアルアートの先駆者であるアメリカの現代美術家Sol Lewitt(ソル・ルウィット)の個展を青山旗艦店にて7月15日から開催する。今回の展覧会はミニマル・アートの美学を超え、コンセプチュアル・アートの声明を行い、アートとは何かというコンセプトを変えたソル・ルウィットの思想や作品に、これまで革新的なコレクションを人々の日常=スタンダードとして浸透させてきたCoSTUME NATIONALが強く共感したことから実施。ルウィットが生涯に渡り追求し続けたグリッドを用いて、色と線によって構成された作品が展示される。「絵画でも彫刻でもなく、そのどちらでもありうる、『構成』としてのみ名づけられる」と彼が述べたように、同一の形象が視覚的に色彩と共に展開され、幾何学的に構成された空間を創り上げている。ソル・ルウィットは、ニューヨークで学んだ後MoMAの職員となり、商業美術の世界で活動。1962年彼は、自由に純粋な幾何学形態による床に設置された作品、壁に掛けられた作品、といった彫刻作品を作り始めた。初期の作品群は壁掛けパネルとオブジェクトの中間の形態であったが、やがてそれらは徐々に3次元的、空間規定的な形態へと発展。作品を支える理論的な支柱と、作品の持つ数学的原理との結びつきが示しているように、彼は作品の出来栄えよりも、そのアイデアに重きを置いていた。ルウィットは、幾何学的な形状や線状のパターンを様々な配置に並べ、グリッドによるマトリックスの生成をテーマとする作品を亡くなる2007年まで50年に渡って制作し続けた。不安定な線と色によってルウィットが表現しようとしたアイデアをぜひ体感してみては。

 

■Sol Lewitt “Lines and color”

2015年7月15日(水)〜10月12日(月) 開催

CoSTUME NATIONAL ・LAB・(東京都港区南青山5-4-30 CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex 1F) TEL 03-5466-8755

http://www.cnac.jp/