SPORTMAXが第5弾となる「デニムカルチャー」2021年春夏カプセルコレクションを発売 フランコ・フォンタナの写真をフィーチャーした”アートポルテ”が誕生

SPORTMAX(スポーツマックス)は、第5弾となる「デニムカルチャー」2021年春夏カプセルコレクションを、4月5日より発売。本コレクションでは、イタリア・モデナ生まれの才気あふれる写真家のフランコ・フォンタナと対話。彼の作品を計算された巧みな配置でプリントし、デニムウェアやTシャツとして再現され、まるでアート作品を身に着けるような贅沢な体験。アイテムを身に着けることで、アート作品を着るという喜びを味わえるだけでなく、フォンタナの魂が込められた”アートポルテ”の動くインスタレーションとなる。フォンタナは「創造性とは描き、説明するものではなく、生命と人生を解釈するものなのです」と話している。フランコ・フォンタナが撮影した、時間が止まったように見える広大な風景。そこから、エネルギーと色彩に満ちた、止むことなく動き続ける生命力が浮かび上がる。彼の最も内省的でプライベート感のある写真からは、すべてを見透かしたような静かな力が感じらる。ストーリーテリングは変わっても、フォンタナの作品とスポーツマックスの美学の間にある強い親和性は変わらない。スポーツマックスとのコラボで、最も強烈なインパクトを残すフォンタナの8つの作品を「身に着けられる」写真に変換したことで、両者の親和性はさらに強くなった。本コレクションのビジュアルはすべてフォンタナ自身の撮影によるもの。スポーツマックス春夏シーズンのラインナップは、フォンタナの表現にインスピレーションを受けて生まれたもの。オーバーサイズでボリュームのあるパンツ、体を包み込むようなドレス、ネックラインの形で素肌のシンプルさを引き立てるトップスやビスチェがラインナップ。パーカー、たっぷりとした半袖のジャケット、スリムフィットなラップスカートとミニスカート、ソフトでゆったりしたパンツには、フォンタナの写真が総模様プリントであしらわれ、コレクション全体にイキイキとした動きが生まれている。パフショルダーのノースリーブトップス、ストレートなミニスカート、ビスチェ、フィット感の高いマイクロスタイルとプリーツを入れたフレアのミディスカートの2種類のドレスのフロントにも写真があしらわれている。リブのカラー、ゆったりしたプロポーション、プリントの装飾、フレーム風の仕上げ処理など、Tシャツも同様のコンセプトでまとめている。ライトブルーから始まり、レッド、セージ、エメラルドグリーン、ターコイズ、イエローなど、さまざまな広がりを見せるカラーレンジは、あざやかな色使いで知られるフォンタナの代表作を思わせる。アート作品のようなSPORTMAX 2021年春夏カプセルコレクション「デニムカルチャー」を身に纏ってみてはいかが。

ビスチェ ¥37,400(税込)

スカート ¥99,000(税込)

トップス ¥37,400(税込)

パンツ ¥99,000(税込)

 

■SPORTMAX