アイコニックな名作達がミニチュアサイズに♡Mulberryがブランド創立50周年を記念した「アイコンエディション」を発売 #MulberryEditions

今年ブラント創立50周年を迎えるMulberry(マルベリー)は、アニバーサリーイヤーを祝した限定アイテムを”マルベリー エディションズ”とし、年間通して次々と展開予定。その記念すべき第1弾となる「アイコンエディション」を、2月24日から3月2日まで開催の阪急うめだポップアップにて先行発売、3月3日より全国のマルベリー店舗及びmulberry.comにて展開をスタート。マルベリー史上、最もアイコニックな名作達を、完璧なまでにそのままミニチュアサイズへと落とし込んだコレクションとなっている。1971年にその歴史をスタートしたマルベリー。創業者のロジャー・ソールが手作りで仕上げた、タイムレスなデザインのレザーグッズを販売したのが始まりだった。それから50年の間、歴代のクリエイティブディレクターがその伝統を引継ぎ、英国の職人技を生かしたマルベリーのエレガントでフレッシュなデザインに、それぞれのひねりを加えた作品を生み出し続けている。本コレクションは、過去20年の歴史の中で特に大きな影響力のあったクリエイティブディレクター、ニコラス・ナイトリー、エマ・ヒル、ジョニー・コカに敬意を表して作られたもの。「アイコンエディション」では、アイリス、アンバリー、ベイズウォーター、ベイズウォーター トート、新たに復刻したアレクサのミニサイズに加え、ロクサンヌがラインナップに登場。コレクション内のカラーブロックのバッグは、マルベリーのシグネチャーであるサステナブルレザーが使用され、国際環境基準団体よりゴールドの認証を受けたタンナリーから調達したヘビーグレインスタイルのレザー。ペールスレート、チョーク、オーク、ディープアンバー、マルベリーグリーンのカラーオプションを揃えており、2021年のコレクションに数多く登場する印象的なマルベリーピンクでアクセントを加えた、遊び心あふれるアーカイブチェックもラインナップに加えている。「アイコンエディション」をスタートに、シリーズ展開となるマルベリーエディションズは、次の50年間、そしてその先の未来に向けて新たなレガシーを築けるよう、環境に配慮したものづくりを理念に、マルベリーの伝統を称えるものや、志を同じくするブランドとのコラボレーションから生まれたものを集めている。過去の歴史や伝統を大切にすると同時に、これまでの概念を打ち破る大胆なアプローチが作りだす、美しく、機能的で、耐久性に優れたデザインに溢れるコレクションとなっている。マルベリーのアニバーサリーイヤー第一弾となる「アイコンエディション」の名作バッグ達を、あなたのバッグコレクションに加えてみてはいかが。

■Mulberry「アイコンエディション」

2021年2月24日(水)~3月2日(火)阪急うめだポップアップにて先行発売 / 阪急うめだ本店 本館1階 プロモーションスペース12

3月3日(水)より全国のマルベリー店舗及びmulberry.comにて展開をスタート

jp.mulberry.com