JIMMY CHOOがパリの新進気鋭デザイナーMARINE SERREとのコラボコレクションをローンチ 両ブランド共通の”スタイルに妥協せず、快適さと体のことを考えた”デザイン理念を際立たせる

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)は、パリの新進気鋭デザイナーMARINE SERRE(マリーン・セル)とのコラボレーションコレクション「JIMMY CHOO × MARINE SERRE」を、2月17日より、JIMMY CHOO 表参道店、JIMMY CHOO公式オンラインブティックにて順次展開をスタート。MARINE SERREのボディコンシャスで環境に配慮した洋服は、たちまち彼女をコンテンポラリーファッション界の中心人物へと押し上げた。コラボレーションコレクションは、MARINE SERREの人間工学と動力学に基づくウェアに着想を得て、アスリートスタイルを取り入れ、モダンライフのリズムに合うようにデザインされている。その特徴的な流線型のシルエットは、両ブランドに共通する 「スタイルに妥協せず、快適さと体のことを考えた」というデザイン理念を際立たせている。「JIMMY CHOO × MARINE SERRE」カプセルコレクションは、6つのキースタイルに焦点を絞り、MARINE SERRE の2021年春夏コレクションとその発表形式として付随する映画の物語を描くのに一役買っている。映画は監督にSacha Barbin(サシャ・バルビン)とRyan Doubiago(ライアン・ドゥビアゴ)を迎え共同制作。各スタイルはトータルルックにおいて必要不可欠なパーツとなるようにデザインされており、各ルックを強調しながら、着る人のアイデンティティ、新たな一面など、異なるキャラクターを表現している。インスピレーションはJIMMY CHOOのアーカイブから引き出され、2000年秋冬のヴィンテージスタイル・FARO を出発点として、その形やデザインが再考されている。MARINE SERREの刷新と再生への飽くなき関心に同調した、今日のための再発明。FAROの細長いポインテッドトゥや、動きやすくスポーティーなローヒールのシルエットといった特徴が、コレクションのラインナップを物語る。コレクションはクラシックなワードローブで構成され、100mmヒールのパンプス、35mmヒールのメリージェーン、65mmヒールのアンクルブーツ/ソックアンクルブーツ、カーフブーツ/ソックカーフブーツ、そしてKATOニーハイフラットブーツ/トレーナーを展開。カラーパレットはシャープで、ブラック、ホワイト、タン、レッドがラインナップ。全スタイルにMARINE SERREのライトモチーフ(独:Leitmotiv)である三日月のロゴが採用され、進化系とも言えるバイカラーの「ハーフムーン」をリサイクルジャージーに施したものや、アイコニックな三日月をジャージーではなくカーフに全面プリントしたものも。本質的にフェミニンであり、且つダイナミックなコレクションは、ウォーキング、ランニング、サイクリングなどの運動に合わせて設計されている。今日の着こなしと生き方が反映された「JIMMY CHOO × MARINE SERRE」カプセルコレクションで、毎日のファッションを楽しんでみてはいかが。

Courtesy of My Theresa

左:JCXMS SOCK CALF BOOT ¥148,000 右:JCXMS CALF BOOT ¥180,000(共に+tax)

JCXMS ANKLE BOOT 左:¥148,000 右:¥167,000(共に+tax)

左:JCXMS SOCK ANKL BOOT ¥134,000 右:JCXMS KATO/F OTK ¥180,000(共に+tax)

JCXMS PUMP 左:¥115,000 右:¥92,000(共に+tax)

JCXMS MARY JANE PUMP 各¥115,000(+tax)

JCXMS KATO/F 左:¥82,000 右:¥99,000(共に+tax)

 

■JIMMY CHOO × MARINE SERRE

2021年2月17日(水)より順次展開をスタート / 国内展開店舗:JIMMY CHOO 表参道店、公式オンラインブティック

www.jimmychoo.com