GIVENCHYがマシュー・M・ウィリアムズによる2021年春夏広告キャンペーンを公開 ビジュアルに友人であるベラ・ハディッド、ケンダル・ジェンナー、スーパーモデルのアノック・ヤイらを起用

GIVENCHY(ジバンシィ)は、クリエイティブ・ディレクターであるマシュー・M・ウィリアムズの指揮のもと制作された2021年春夏グローバル広告キャンペーンビジュアルを公開。自身にとって初となるグローバル広告キャンペーンで、自身のビジョンを明確に表現するため、ウィリアムズは結びつきの強いアーティストコミュニティーの中から親しい友人を招集。ベラ・ハディッド、ケンダル・ジェンナー、プレイボーイ・カルティ、そしてスーパーモデルのアノック・ヤイとリアム・パワーズは、キーピースを自分なりの解釈で身に纏い、パワフルかつエフォートレスな自己流スタイルの重要性を強調した。マシュー・M・ウィリアムズ初のルックブックを撮影した韓国生まれのドイツ人写真家Heji Shin(ヘジ・シン)が今回も撮影を担当。全体としての視覚的な一貫性と同一性を維持しつつ、90年代のヴィンテージ広告をヒントに被写体の個性を映し出す。背景には、各被写体のパーソナリティが強調されるよう特別にセレクトしたカラーバックが使用され、鮮明かつざらつきのある質感がよりムードを高めている。モデル達が着用するのは、昨年10月に発表したマシュー・M・ウィリアムズの2021年春夏コレクションから厳選したルック。アノック・ヤイは、アシッドグリーンを背景に、シワ加工が施された黒のレザージャケットとパンツを着用。セージグリーンを背景に猫のようなしなやかな優美さで身をかがめて横顔を見せるベラ・ハディッドのショットは、オープンバックを新たな感覚で解釈し、マシュー・M・ウィリアムズが得意とするハードウェアで装飾したピスタチオグリーンのフォーマルなロングドレスと、気取らない『マシュマロ』サンダルが、対照的でありつつも絶妙に調和。ケンダル・ジェンナーは、ボディラインにぴったりフィットした鮮やかな赤のアンサンブルに、大ぶりのGチェーンネックレスとゴールドの『アンティゴナ』スモールバッグを合わせたルックや、シャープな黒のテーラードコートとパンツに、新作の『カットアウト』バッグを合わせたルックで、ジバンシィがイメージする女性のフェミニンとマスキュリンの両面を体現している。プレイボーイ・カルティは、黒のレザーボンバージャケットに腕だけを通し肩周りのタトゥーを見せるスタイリング、さらに別のショットでは白のタンクトップとピンクのパンツに新作『アンティゴナ』のクロスボディバッグ を合わせて登場。また、最後に、各ビジュアルにはGivenchyロゴとは離れた位置に、リスタイルされた4Gエンブレムが刻印のようにレイアウトされている。マシュー・M・ウィリアムズは、「私にとってファッションとは、フォーマルとカジュアルが共存し、構築的であることと快適さが両立する、という考えを表現する場所。ラグジュアリーとは、着る人の個性を服に吹き込むことであり、人が服に着られることではないと考えている。今回のポートレートでは、キャラクターの強い人物達がそれぞれの個性に合ったルックを着用。彼らは衣服に命を吹き込んでくれました。」と話している。マシュー・M・ウィリアムズのアーティスト仲間が登場するジバンシィ 2021年広告キャンペーンで、彼らの世界観を堪能してみてはいかが。

■GIVENCHY 2021年 春夏グローバル広告キャンペーン

www.givenchy.com