キッチンでも食卓でも使える調理器具♡手料理を美味しく、美しくする万能調理平鍋「PETARI(ペタリ)」がデビュー!

キッチンから食卓まで。手料理をおいしく、美しくする万能調理平鍋「PETARI(ペタリ)」がデビュー。製造元は、国内生産の土鍋シェア日本一を誇る銀峯陶器株式会社。銀峯陶器の技術を駆使し、焼き物の耐熱技術を活かした新たな開発を試み、蒸す、焼く、炒める、ローストするなど夏でも使える今までにない土鍋が完成した。耐熱性に優れた独自開発の素材。器のような美しいリム付きの形状。あらゆる料理に適した計算し尽くされた浅底の構造。キッチンでも食卓でも、自由に使える調理器具として現代に生きる人々の暮らしを支えてくれる。過去から学び、時代にあった形で変化していくことがとても大切だと考え、PETARIの平鍋は、四日市萬古焼の歴史から継承した、この土地でしか生まれない全く新しい形状の土鍋。四日市では、陶器製の板で食材を調理した陶板料理というものがあった。その陶板をモチーフに少し高さを出した平らな鍋を作ろうとしたことがPETARIの始まり。熟練の職人の卓越した成形技術により、鍋本体とフタにある長めのリムはぴったりと密閉。そうすることで鍋内の機密性が高くなり、食材の旨味を逃さないので、驚くほど美味しく調理することができる。鍋の収納をする時に、どうしても邪魔になってしまう鍋蓋。PETARIではミリ単位での微調整を繰り返し、使用時の機能性は損わずに蓋を逆さまに収めることでかさばらずに収納できるようになった。PETARIのために独自で開発した無鉛フリットを一つ一つ手作業で加工。このザラザラとした表面加工のおかげで焦げ付きが少なく、油馴染みもよくなり、沸騰時の泡が小さく煮崩れ防止にもなる。美しさはもちろん、においや汚れのつきにくさや手入れのしやすさといった機能面においても高い性能を誇っている。土鍋は、温度変化しにくいので、加熱をやめても保温力があり、冷めにくく、”余熱調理”が得意。また、従来の土鍋とは違い、フタにもオリジナル配合の耐熱素材を使用しているため、フタをしたままオーブン調理や、電子レンジでの使用も可能となっている。土鍋にある取手をなくし、食器のような美しいリムをつけることで、そのまま食卓に!そんなちょっとしたこだわりが、毎日の食卓を楽しくしてくれる。海、山の豊富な自然に恵まれ、農業・漁業が盛んな三重県の岩石の色味をモチーフに、3種類のオリジナルの色味(Igneous Rock 火成岩/Mud Stone 泥岩/Charcoal Black 炭黒)を開発。オリジナルで開発した耐熱土・耐熱釉で作られた、蒸す、煮る、炒めるなど料理の幅を広げてくれる平鍋「PETARI」は、取手がなく器としても美しいミニマルな形状で、キッチンとテーブルを一つに繋げるシームレスな食生活を実現してくれる。食材の旨味を逃さない万能調理平鍋「PETARI」で、日々の食卓を楽しんでみてはいかが。

■PETARI(ペタリ)

サイズ・容量・価格:24cm(本体 W240×H45mm、フタ W240×H42mm)  1ℓ(1〜2人前) ¥16,500(税込) / 30cm(本体 W300×H60mm、フタ W300×H57mm) 2ℓ(3〜4人前) ¥19,800(税込)

カラー:Igneous Rock 火成岩、Mud Stone 泥岩、Charcoal Black 炭黒

対応熱源:直火・オーブン・電子レンジ・ラジエントヒーター

お問い合わせ:petari@gmp-inc.jp

https://petari.jp