資生堂のプレステージ スキンケアブランドTHE GINZA(ザ・ギンザ)より日本限定「パルファム/オードパルファム」を発売 タイムレスな本質を知る街”銀座”から至高のフレグランスが登場

タイムレスな本質を追求するプレステージスキンケアブランドTHE GINZA(ザ・ギンザ)より、初のフレグランス「ザ・ギンザ パルファム」と「ザ・ギンザ オードパルファム」を、1月8日(金)より日本国内の直営店・オンラインショップにて先行発売されており、2月1より「ザ・ギンザ オードパルファム」を国内免税店舗にて発売をスタート。碁盤の目のようにいくつもの路が交差し、老舗や歴史ある画廊が軒を連ねている銀座。この一角にあるファッションブティックで、ザ・ギンザは誕生した。この誕生とほぼ同じ時、銀座の路を菩提樹(リンデン)の花の香りが包み込みはじめ、花の芳しさや、初夏の生命力に満ちた新緑のみずみずしい香りが変わることなく、いまもそこで香り続けている。タイムレスな本質を知る街、銀座から至福のフレグランスが登場。銀座の並木通りに咲き誇る菩提樹(リンデン)の花の香りをひとつひとつ採取して再現。そこに漂う気品そのものを切り取ることに成功した。銀座の街から誕生したこの香りは、ザ・ギンザ誕生時より親しまれているスキンケアの香りでもあり、あなたの感性を刺激し、癒して満たす。本質的なあなた自身の姿が磨かれていくかのような心地よさを与えてくれる。”肌は、身にまとう最高のオートクチュール”。まるで運命の一着のように、心地よく寄り添う香りによって、あなたを凛とした気持ちにさせ、自分と丁寧に向き合い、その美を極めていく時間へといざなってくれる。THE GINZA初のフレグランスは、菩提樹の花を基調に、トップは国産スダチの天然香料がフレッシュに香り立ち、まるでフローラルブーケを身に纏うかのような癒しのミドルノートへ。ラストは柔らかく深みのあるムスキーな香りが広がり、三温糖の軽やかな甘みにより心満たされる安らぎの時間へ。自身の内なる美しさがより極まり磨かれる、真実の香り。ボトルデザインは、ブランドとしてのシンプル・ミニマルな世界観に加えて、単なるスクエアではなく、フレグランスならではの”ゆらぎ”を表現。ゆらぎの表現をより可視化するため、その裏面の造形のみにオーロラ蒸着が施されている。精巧で繊細な美しいパルファムのボトルは、全9工程におよぶ過程を日本の職人が一から手作業で製作している。その製作工程は、非常に綿密で、日本の伝統工芸とも言える技術の集大成。全9工程の中の磨きの工程だけでも5工程あり、半人工、口内摺り、研磨、すべてにおいてその道で長年の熟練した職人たちの手作業で行われている。THE GINZAミューズの冨永愛は、「私にとってフレグランスは、特別な時や心の調子を整えたい時に使うことが多いです。癒されたい時や元気になりたい時、心の調和を図りたい時など、心にも影響のあるものだと思います。また、香りが記憶を呼び覚ますように、私たちへの影響は計り知れないと思います。「ザ・ギンザ オードパルファム」の印象は、誇り高く、優しく、とても癒されるような香りですね。まるで自信が漲ってくる感覚。私は、いま自分がどのような状況や精神状態なのか、そして何が必要なのかを知るために、自分自身に話しかけることを大切にしているのですが、「ザ・ギンザ オードパルファム」は、”癒しの香りで自分自身と向き合う時をもたらし、自身の美しさを磨く”というコンセプトから誕生したと伺って、とても共感を覚えました。」と話している。THE GINZA初のフレグランス「パルファム/オードパルファム」の菩提樹の香りで、癒されてみてはいかが。

左:ザ・ギンザ パルファム 20ml ¥40,000 ※限定された店舗のみでの取り扱い 右:ザ・ギンザ オードパルファム 50ml ¥18,000(共に+tax)

 

■THE GINZA 日本限定「パルファム/オードパルファム」

2021年1月8日(金)より日本国内の直営店・オンラインショップにて先行発売中 / 2月1日(月)より「ザ・ギンザ オードパルファム」を国内免税店舗にて発売

先行発売対象店舗:THE GINZA COSMETICS GINZA / 資生堂ビューティ・スクエア / SHISEIDO THE STORE / ザ・ギンザ 帝国ホテル店 / ザ・ギンザ オンラインショップ

http://www.theginza.com