LOEWEがスタジオジブリとコラボレーションした「ロエベ × となりのトトロ」カプセルコレクションを発売 象徴的なキャラクターや作中の幻想的な景色が服やバッグ・アクセサリーに落とし込まれ登場

LOEWE(ロエベ)が、本質であるクラフトへの傾倒という共通点を有するスタジオジブリとコラボレーション。『ロエベ × となりのトトロ』カプセルコレクションを1月8日より発売する。スタジオのマスコットにもなっているトトロを生み出したスタジオジブリとのコラボレーションは、ロエベにとって名誉なことであると同時に創造性の出会いとなった。1985年にアニメーション映画監督である宮崎駿と高畑勲が、プロデューサー鈴木敏夫と共に立ち上げたスタジオジブリは、これまでに「千と千尋の神隠し」や「もののけ姫」「ハウルの動く城」等、数々の傑作を生み出しアカデミー賞にも度々ノミネートされている。ロエベとスタジオジブリに共通していることは、クラフトと職人技への愛をそれぞれ独自の形で表現していること。一方、ロエベと「となりのトトロ」に共通していることは自然との繋がりであり、それは外の世界、そして果て無き創造。困難な状況が続く現代において、人類にとっての自然の重要性は全ての人が気にかけているところ。環境との調和を保って共存していくための道を見つけることは、全人類にとっての課題。「となりのトトロ」は、その調和を守っていくことを、不思議な体験を通じて描いた頌歌。『ロエベ × となりのトトロ』カプセルコレクションでは、象徴的なキャラクターや作中の幻想的な景色を、プリントや総プリント、ジャカードの編み込み、レザー・マルケトリーだけでなく、手描きのモチーフやポンポン等を使って落とし込んでいる。シャツ、フード付きスウェット、ジャンパー、キュロットからバイカージャケットにいたるまで、ルーズでリラックス感のある形状になっており、野外にいるような清々しさを感じさせるものになっている。コレクション全体が持つ、優しさと滑らかさが、独特の若々しさを演出。レザーアクセサリーではロエベならではのレザー・マルケトリーや、編み込み技術を使ってキャラクターを取り入れており、美しく仕上がっている。パズル、バルーン、 ハンモックといったロエベのアイコニックなバッグだけでなく、ポーチやウォレット等のレザー小物にも、キャラクターたちが取り入れられた。また、 トートバッグには、細部まで丁寧に作り込まれたタペストリーが採用されている。写真家グレイ・ソレンティが撮影を担当したキャンペーン用イメージでは、「となりのトトロ」の究極のメッセージである何かを発見することの魅力と、自然との繋がりを表現。森の中でかくれんぼをするモデルたち。その空間と物語は不思議な感覚で満ち、光が繋がりとは何かを教えてくれる。ロエベとスタジオジブリがコラボレーションした『ロエベ × となりのトトロ』カプセルコレクションをぜひ見逃さないで。

パズル マックロクロスケ スモール バッグ ¥324,000(+tax)

ヒールポーチ スモール トトロ ¥68,000(+tax)

左 ハンモック ドローストリング トトロ スモール バッグ ¥307,000 右 パズル マックロクロスケ ミニ バッグ ¥247,000(共に+tax)

左 バルーン マックロクロスケ バッグ ¥315,000 右 バスケット マックロクロスケ バッグ ¥71,000(共に+tax)

左 ヒール トトロ バッグ ¥127,000 右 ゲート ポケット トトロ ¥102,000(共に+tax)

左 コンパクト ジップ ウォレット マックロクロスケ ¥85,000 右 コイン カードホルダー トトロ ¥54,000(共に+tax)

左 プレイン カードホルダー トトロ ¥39,000 右 トトロ Tシャツ ¥41,000(共に+tax)

トトロ Tシャツ 各¥41,000(+tax)

左 TOTORO HOODIE ¥70,000 右 マックロクロスケ フーディ ¥84,000(共に+tax)

左 マックロクロスケ Tシャツ ¥50,000 右 ランドスケープ トトロ オーバーサイズ シャツ ¥112,000(共に+tax)

左 トトロ ツリー セーター ¥199,000 右 マックロクロスケ スリッパ ¥92,000(共に+tax)

 

■「ロエベ×となりのトトロ」カプセルコレクション

2021年1月8日(金)全国のロエベ ストア及びloewe.jpにて発売

http://www.loewe.com