熊本発”やまがシルク”配合のボディケアブランド「COKON LAB(ココンラボ)」が1月7日より渋谷スクランブルスクエアにて期間限定POPUPストアをオープン

熊本県山鹿市で生まれた”やまがシルク”を配合したボディケアブランドCOKON LAB(ココンラボ)は、1月7日から20日までの間、渋谷スクランブルスクエア6階+Q(プラスク)ビューティーイベントステージにてポップアップストアをオープン。COKON LABは熊本県・山鹿市でつくられる”やまがシルク”を配合したボディケアアイテムを展開しており、従来のシルクよりも多くの天然保湿因子となるタンパク質を含み、人の肌への保湿効果に優れているという特徴がある。シルク以外の成分においても、天然油脂由来の原料や天然植物オイルをバランスよく配合。フレグランスにも天然精油を使用し、自然の恵みによって、肌本来の力を引き出すボディケアプロダクト。またCOKONA LABでは”やまがシルク”の生産からアイテムの製造まで全て熊本県内で一貫してものづくりを行っていることにより、地元の雇用活性化やトレーサビリティなどSDGsの課題解決にも取り組んでいる。その品質や取組みが高く評価され、ヨーロッパを中心に各国のセレクトショップで人気を集め話題を呼んでいる。そんなCOKON LABのハンド&ボディウォッシュやハンド&ボディローション、フェイス&ボディソープを渋谷スクランブルスクエアのポップアップストアにて展開され、限定デザインの単品パッケージとギフトボックスを先着450名にプレゼント。今回の限定デザインの単品パッケージとギフトボックス、キービジュアルのアートディレクションには、YOSHIROTTEN氏率いるクリエイティブスタジオYARが担当し、COKON LABとして初となる特別仕様のギフトボックスが展開される。COKON LABは、かつて養蚕業で栄えていた街、熊本県山鹿市で誕生した、未来のシルクで人の肌を優しく潤しながら、心と暮らしも豊かにしてくれる新しいボディケアブランド。この街で、シルクの未来を明るくする挑戦が始まったのは2014年。古くから我々と共に生きてきたシルクは、人にもっと近く、かけがえのない存在になるために、今新たな素材として世界中で研究が進んでいる。育てているのは、そんな未来に必要なシルク。古今東西、大切に育てられてきたシルクと人の未来を自分達の手で作り、守っていくことを目指している。COKON LABのポップアップストアで、”やまがシルク”を体験してみてはいかが。

左からFACE&BODY SOAP(80g) ¥2,000 / HAND&BODY WASH 280ml ¥2,000 480ml ¥3,000 / HAND&BODY LOTION 250ml ¥2,500 480ml ¥3,500(全て+tax)

限定版パッケージ ※フェイス&ボディソープは2個セット購入の方対象

限定版ギフトボックス ※ハンド&ボディウォッシュまたはハンド&ボディローションのいづれか2本以上購入の方対象

 

■COKON LAB POPUPストア

2021年1月7日(木)~20日(水)開催 / 渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン 6F +Q(プラスク)ビューティー イベントステージ6E / 11:00~21:00 ※営業時間は変更となる場合あり

https://cokonlab.jp/