JW ANDERSONが限定のエココンシャスなカプセルコレクション「Made in Britain」をローンチ その名の通りイギリスで生産された6型のレディトゥウェアとアクセサリーが登場

ロンドンを拠点とするJW ANDERSON(JW アンダーソン)は、限定のエココンシャスなカプセルコレクション「Made in Britain」をローンチ。その名の通り本コレクションはイギリス製で、6型のレディトゥウェアとアクセサリーが登場する。「Made in Britain」はイギリスの工場で生産され、これまでのコレクションの余剰のファブリックや端切れを使うことで、サステナブルで地域に根ざしたコレクションとなっている。Covid-19のパンデミックの隔離期間中に働くという新しいリアリティに直面した時に、JW ANDERSONはこのプロジェクトを通して、ローカルというコンセプトを次の次元に押し上げた。コレクションのコンセプト設定とサンプル制作はロンドンがロックダウン下にある中で実施。パタンナーとソーイングスタッフ、フィッティングモデルまでもが協業して、創業者兼クリエイティブディレクターのジョナサン・アンダーソンとメッセンジャーを介してファブリックやサンプルを渡し合いながら、デザインチームがビデオ電話やテキストメッセージ、Eメールの画像を通してプロセス全体を監修しながら制作。本コレクションの制作にあたり、ジョナサン・アンダーソンは、オーバーサイズのシャツやトレンチ、ケープ、ドレス、TシャツといったJW ANDERSONのアイコニックなシェイプやシルエットを、余ったファブリックを有効活用して生み出すことを考えた。廃棄物を減らすために、本コレクションは、ストーンウォッシュをかけたリネンやピンストライプのシャツ地といった、既にオーダーされており、ストックとなっていたJW ANDERSONの定番ファブリックを使用。同じくストックにあった端切れを使用した、パッチワークや裏返しのステッチ、縫い目のテクニックといった一目でJW ANDERSONのアイテムであると分かるような象徴的な技法が使われている。また、ロンドンのインディペンデントなサプライヤーによって手作業で生産されるJW ANDERSONのアイコニックなペニス型キーリングの新作6点もラインナップ。ジョナサン・アンダーソンは「私たちが比較的小さなブランドだとしても、これまで以上にエココンシャスでサステナブルになることが私にとってとても重要なことです。これまでに無かったものを生み出しつつも、既にある素材を使い、地域に根付いた生産をするというのが『Made in Britain』のアイデアでした」とコメント。「私たちはキャンバストートやバックパックにリサイクル素材を使う取り組みを始めました。まだ小さな1歩ですが、私たちが毎年徐々にサステナブルになっていくように、リアルで具体的なプロジェクトであって欲しいのです」とも語っている。「Made in Britain」は、JW ANDERSONのロンドン・ソーホーの旗艦店と公式オンラインストアFarFetchにて限定で発売。イギリスにて生産されるJW ANDERSON「Made in Britain」コレクションで、エココンシャスなファッションを取り入れてみてはいかが。

■JW ANDERSON「Made in Britain」

JW ANDERSONのロンドン・ソーホーの旗艦店と公式オンラインストアFarFetchにて限定発売

www.jwanderson.com