TOD'SからNYに宛てたラブレター「イン・アワー・シューズ チャプター1:ニューヨークシティ」 新作スニーカーをガブリエラ・ベクテル、レヴィ・ディラン&テイラー・ローゼンらがスタイリングとダンスで表現

TOD’S(トッズ)のデジタルプロジェクト「イン・アワー・シューズ チャプター1:ニューヨークシティ」は、ミュージシャンのガブリエラ・ベクテル、俳優のレヴィ・ディラン&テイラー・ローゼン、そしてジム・ディランを監督に迎え、ニューヨークに宛てたラブレターとして2020-21年秋冬ウィメンズ&メンズ新作スニーカーを、11月7日よりtods.comにてオンラインで公開中。スポーティなスニーカー、レザージャケットそして自らのワードローブから選んだ服を身にまとい、ニューヨーク大学芸術学部(NYU Tisch)のダンサーたちと一緒に、ニューヨークのエネルギッシュな喧噪に合わせたダンスとスタイリングを披露している。荒々しく狂おしいほどの至福感が背筋を駆け上がり、心臓がドキドキと駆け巡るかのようなエネルギー。一晩中ストリートを歩き続け、ダウンタウンの高層ビル群からそっと登る朝日を目にした時のような感情、あるいは五番街で突然の雨に降られ、ジャケットがずぶ濡れになっても全く気にならないような感覚。そして今度は6階建てのビルの屋上で踊っている時の衝動。なぜそこにいるのかはわからないけれど、確かにそこにいる、それだけで十分だと思える気持ち。見たいものは沢山あるのに、見ることができるのはこの二つの瞳だけ。何百万人という無数の人々があちらこちらにいて、誰もがどこかに向かっている。連なるイエローキャブ、道路の轍、湧き上がる水蒸気、地下を走る電車が地面を揺らしている。不朽不滅の街を舞台にガチャガチャと鳴り響く音、クラクション、怒号。このプロジェクトの第二章は世界的に有名なダンススクールとのパートナーシップにより、2021年春の公開を予定している。TOD’Sのデジタルプロジェクト「イン・アワー・シューズ チャプター1:ニューヨークシティ」を、お見逃しなく!

Womens 各¥66,000(+tax)

Womens&Mens 各¥66,000(+tax)

Mens 各¥66,000(+tax)

 

■TOD’S「イン・アワー・シューズ チャプター1:ニューヨークシティ」

2020年11月7日(土)よりtods.comにてオンライン公開

www.tods.com