OMEGAが「スピードマスター "シルバー スヌーピー アワード" 50周年記念」モデルを発表 スヌーピーへの大きな称賛の意味が込められ今までにも増して斬新なデザインが特徴

1970年、OMEGA(オメガ)はNASAの宇宙飛行士から贈られる、栄誉ある”シルバー スヌーピー アワード”を受賞。これは、宇宙探査やアポロ13号の救出で「スピードマスター」が果たした役割など、オメガの唯一無二の貢献をたたえるものだった。それからちょうど50年が経った今、この記念すべき節目を祝福すべく、オメガは特別なタイムピース「スピードマスター “シルバー スヌーピー アワード” 50周年記念」モデルを発表。アニメーションと時計製造の技を融合させ、スヌーピーへの大きな称賛の意味が込められたこの「スピードマスター」は、今までにも増して斬新なデザインが特徴となっている。まず最初に目に入ってくるのは、9時位置のブルーのサブダイアルにあしらわれたスヌーピーの姿。シルバー製メダリオンにエンボス加工で宇宙服を着た有名なスヌーピーが描き出されており、これはNASAの宇宙飛行士が”シルバー スヌーピー アワード”の受賞者に送るシルバーピンとまったく同じポーズ。ダイアル自体もシルバー製でレーザーで”Ag925″という文字がエングレーブされ、3つのサブダイアル、ステップダイアルに合わせて角度がつけられたインデックス、針がセットされ、すべてにブルーのPVD加工が施されている。またケースバックもポイントで、スヌーピーが乗りこんだ司令機械船(CSM)がマジックハンドにあしらわれ、クロノグラフ秒針が動作すると、スヌーピーが月の裏側を巡る旅に出かける。月の部分は独自のマイクロ構造の金属化技術を使用したサファイアクリスタルに描かれている。月の向こうには、地球もデザイン。この地球をかたどったディスクはスモールセコンドと連動して1分で1回転し、規則的な地球の自転を象徴。さらに”Eyes on the Stars”という象徴的なフレーズが漆黒の宇宙に刻まれている。ケースバックには、オメガが”シルバー スヌーピー アワード”を受賞した1970年の日付や、同年に実施され結果的に危険なミッションとなった”Apollo XIII”(アポロ13号計画)の文字が刻印されており、ナイアードロックシステムによって固定されているため、すべての刻印は常に決まった位置に留まる。さらに、オメガの細部へのこだわりを様々な部分で表現。ブルーのナイロン製ファブリックストラップはこの時計の他のブルーの要素とマッチし、裏地にはアポロ13号計画の軌道まで描かれている。ストラップが取り付けられているのは42mmのステンレススティール製ケースで、スピードマスター第4世代(1969年に月面で初めて着用された時計)のスタイルにインスピレーションを得たデザイン。「スピードマスター」の歴史を象徴する”ドットオーバー90″を備えたタキメータースケールは、ブルーセラミック[ZrO2]製ベゼルリングにホワイトエナメルで描かれている。最高の時計製造技術の証が、この「スピードマスター “シルバー スヌーピー アワード” 50周年記念」モデルに搭載されたオメガ コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー3861。伝説的なムーンウォッチ キャリバーをさらに秀でたものとする新基準と耐磁性を持ち、スイス連邦計量・認定局(METAS)が認定するマスター クロノメーターの称号も得ている。アポロ13号のスペシャルボックスには、マイクロファイバーのクロス、カタログ、そして時計の細部まで楽しむ為のキズミがセット。受賞50周年を記念したオメガ「スピードマスター “シルバー スヌーピー アワード” 50周年記念」モデルで、”タイムトラベル”を楽しんでみては。

オメガ コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー 3861

 

■OMEGA「スピードマスター “シルバー スヌーピー アワード” 50周年記念」モデル

2020年10月末発売予定 / ¥1,030,000(+tax)

オメガお客様センター TEL 03-5952-4400

www.omegawatches.jp