世界各国の要人に愛されるハワイ・ホノルルの名門”ザ・カハラ”ブランドが横浜に誕生!国際都市・みなとみらい21地区に「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」がグランドオープン

リゾートトラスト株式会社は、グローバル展開の第一弾として”ザ・カハラ”ブランドを冠した「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」を、9月23日より、国際都市・横浜のみなとみらい21地区にグランドオープン。「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」は、半世紀以上に渡り世界各国の要人に愛され続けている、ハワイ・オアフ島の最高級ラグジュアリーホテル。地上14階建てとなっており、スイート9室を含む全146室を有し全客室が47㎡以上と、横浜・みなとみらいエリアの中では最大級の広さを誇っている。ハワイのホテルブランドである名門「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が、横浜で開業するのには、必然性な歴史的ストーリーがある。明治元年、横浜・大桟橋付近から最初の移民が新天地であるハワイを目指して出航したこと、またその数十年後、明治政府にとって初めての国賓、ハワイ国王のデイビット・カラカウア王を迎えたのも、横浜・大桟橋付近だった。横浜とハワイの都市同士の繋がりを通して「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」は、アロハの言葉に象徴される温かな”ハワイアン ホスピタリティ(スピリット オブ カハラ)”をハワイより受け継ぎ、皆様を”オハナ(私達の大切な仲間)”としてお迎えする。時の流れとともに魅力が増していく多面的な顔を持つ「ザ・カハラ」の新しいストーリーを1つ1つ紡ぎながら、新しい「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」の世界観を、お届け。「Timeless Luxury」は、ザ・カハラ・ホテル&リゾートのブランドコンセプト。時を忘れるくつろぎ、時を超えるおもてなし、時を刻むしあわせ。本ホテルはその豊かさの本質とは何か、を余すことなく追求し、真のホスピタリティの最高峰を提供する”ワンオブアカインド”なラグジュアリーホテルを目指していく。14階のロビーではハワイの「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」の代名詞である”シャンデリア”が皆様をお出迎え。ハワイにもロビーを華やかに彩るスワロフスキーのシャンデリアは”カハラ”と言えば”シャンデリア”と言われるほど、ブランドのシンボルとなっており、輝きを放つクリスタルと横浜の海が奏でるモダンな”煌き”を融合させたクリスタルビーズとハワイの初代国王であるカメハメハ王の王冠にある羽をイメージした2つのシャンデリアが、新生カハラの門出として新しい価値観と時代の象徴を表現している。また、ホテルの各所にはハワイが感じられる様々な仕掛けが。ホテル内のショップ「ザ・カハラ・コレクション」では、ハワイオリジナルのレシピを元に日本で製造されたマカデミアナッツチョコレートも発売している。開業とともにオープンする真髄を極めた3つのレストランが目指すのは、「今までの横浜になかった”新しい料理の定番”」。それは単に斬新さを追い求めることではなく、新しい息吹を感じさせつつ、土台となるのはクラシックを大切にする伝統・王道のスタイル。いち早く洋食文化が芽生え、港町文化が生んだ由緒正しいバーや日本有数の中華街が存在するなど、多くの魅力を持つ横浜の地で、上質で個性あふれる食体験を提供する。目の前に広がる煌めく横浜の海を眺めながら、貝殻を模したテーブル席がプライベート感を演出するダイニングのイタリア料理 リストランテ「OZIO(オッツィオ)」、プライベート感のある個室が特徴の日本料理レストラン「濱」、カウンターの向こうに、水鏡のように煌く水庭が美しい鉄板焼「濱」、さらにホテルの最上階メインロビーに位置する「ザ・カハララウンジ」は、ハワイを代表する象徴的な花プルメリア、横浜の市花バラを象徴する花弁をモチーフにしたクリスタルシャンデリアが輝き、クラッシック・モダンな温かさで包む空間となっている。「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」で、都会の喧騒を忘れ、まるでハワイに居るかのような至福の時間を過ごしてみてはいかが。

プレミア スイート

ザ・カハラ スイート

ザ・カハラ プレステージ コーナー

スカイロビー

日本料理レストラン「濱」(個室)

鉄板焼「濱」

イタリア料理レストラン リストランテ「OZIO(オッツィオ)」

ザ・カハララウンジ

ザ・カハラ・アフタヌーンティー

インドアプール

ザ・カハラコレクション

マカデミアナッツ

■ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜

2020年9月23日(水)グランドオープン / 神奈川県横浜市西区みなとみらい一丁目1番3号 TEL 045-522-0008(代表) 045-522-0088(ご予約)

https://thekahala.jp/yokohama/