HERON PRESTONがLeviʼs®とのコラボレーションによる2020年春夏コレクション「MISTAKES ARE OK」を発売 間違いを受け入れることだけではなく称えること

HERON PRESTON(ヘロン・プレストン)は、Leviʼs®(リーバイス®)とのコラボレーションによる「MISTAKES ARE OK」を、9月14日より、HERON PRESTON公式サイト及び、HERON PRESTON取扱一部店舗にて発売中。2020春夏コレクションで発表された本コレクションは、「MISTAKES ARE OK」と題され、プレストンの右腕にある”1873 MISTAKES ARE OK”と書かれた出生証明書の誤記を称えるタトゥーの1つから取られたタイトル。プレストンは、1983年に生まれたが、彼の生まれた病院が誤って出生証明書に1873年と記入。この出生証明書の誤記が、彼のデザインへのアプローチ全体を形成している。 「MISTAKES ARE OK」の中心にある哲学は、間違いを受け入れることだけではなく、間違いを称えることでもある。また、プレストンがLeviʼs®アーカイブのツアーをした際に、Leviʼs®のデザインチームのリーダーが彼の”1873 MISTAKES ARE OK”のタトゥーに気づき、1873年とは、Leviʼsがジーンズの特許を取得した年だった。本コレクションには、ウィメンズ、メンズ共に各4型ずつのLeviʼs® トラッカージャケットとLeviʼs®501®のラインナップを展開され、各アイテムは、さまざまな意図的な間違いが反映されている。プレストンはそれらを”conscious aberrations(意図的な過ち)”と呼ぶように敢えて微調整、変形することで、間違いは悪いものと決めつけるのではなく、物事をクールかつ面白くするために受け入れるべきであると示している。本コラボレーションは、左右非対称のポケットや上下反転したコインポケット、不揃いのボタンやリベット、カットされていない未処理のバックパッチ、裏返しになったベルトループ、表側に露出したライニング、アシンメトリーなディテールなどを意図的に強調したデニムピースで構成され、Leviʼs® トラッカージャケットLeviʼs®501®が製造上のミスがあった場合の形を再現した。その他にシグネチャーであるヘロンのオレンジロゴ、Leviʼs®の赤タブが共に並び、4色のうちの3色(ピンク、インディゴ、ブラック)には、スクリーンプリントされたグラフィックが施されている。また、一部のトラッカージャケットやジーンズには樹脂コーティングが施されており、色の濃淡が巧みに表現されている。敢えてミステイクしたLEVIʼS®×HERON PRESTON「MISTAKES ARE OK」コレクションで、リンクコーデを楽しんでみてはいかが。

Womenʼs(全4型) 左:Leviʼs x Heron Preston Trucker Jacket ¥45,000 右:Leviʼs x Heron Preston 501® ¥38,000(共に+tax)

Menʼs(全4型) 左: Leviʼs x Heron Preston Trucker Jacket ¥45,000 右:Leviʼs x Heron Preston 501® ʻ93 ¥38,000(共に+tax)

 

■LEVIʼS®×HERON PRESTON「MISTAKES ARE OK」コレクション

2020年9月14日(月)発売中

取り扱い店舗:HERON PRESTON公式サイト / リーバイス®ストア 大阪 / (Womenʼs) HANKYU UMEDA WOMENS、MODEST / (Menʼs) ISETAN SHINJUKU MEN 2F、CHERRY、DETAIL、ELEPHANTS、ESTNATION ROPPONGI、MODEST、NUBIAN HARAJUKU、NUBIAN SHIBUYA、NUBIAN UENO、REGGAWS、RESTIR、REVOLUTION、ROYAL FLASH JINGUMAE、TAKASHIMAYA OSAKA ※アイテムにより取扱店舗が異なります

お問い合わせ:eastland TEL 03-6712-6777 / リーバイス®ストア 大阪 TEL 06-6241-8134

heronpreston.com