ブルックス ブラザーズがブランド初の日本におけるスタイルアイコン「Brooks Brothers Man」に俳優の賀来賢人を起用 様々なキャリアを築き新しい役柄に挑み前進し続ける姿勢に共鳴

Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)は、8月31日、ブランド初の日本におけるスタイルアイコン「Brooks Brothers Man」として、俳優の賀来賢人を起用。今回の就任は、すでに俳優として様々なキャリアを築きながらも新しい役柄に挑み前進し続ける彼の姿勢に共鳴したことから実現した。ファッションにおいても現代の男性を代表するモダンなスタイルを持つ賀来賢人と共に、ブルックス ブラザーズは伝統に新たな息吹をもたらすアメリカンクラシックスタイルを追求していく。また、就任発表にあたりビジュアルを担当したのは、日本を代表する写真家の操上和美氏。撮影は、日本第一号店である「ブルックス ブラザーズ 青山」にて行われた。このビジュアルでは、オーセンティックなブルックス ブラザーズの魅力と賀来賢人のモダンなイメージが見事に融合した「Brooks Brothers Man」としての新しい男性像が表現されている。そして、ブルックス ブラザーズは、9月4日に表参道エリアに新店舗をオープン。1979年にオープンし、8月30日に惜しまれながらクローズとなる伝統的で重厚感のある「ブルックス ブラザーズ 青山」とイメージを一新。全面ガラス張りのモダンな新店舗「ブルックス ブラザーズ 表参道」は、3層構造となっており、B1Fにメンズドレス、1Fにウィメンズ、2Fにメンズ カジュアルが展開され、オープン時には購入したシャツに無料で刺繍を入れられるポップアップコーナー”Shirts LABO(シャツ ラボ)”を展開するなど、店舗内でも常に新たな取り組みも行っていく。今回の就任について賀来賢人は、「とても光栄に思いますし、こういう大人のスタイルが似合う男になれたのかなと自信にもつながりました。普段なかなかトラディショナルなアイテムを着ることがなかったので、今回の就任をきっかけに、仕事だけでなくプライベートでもジャケットやスーツなどのファッションを楽しんで、さらりと着こなせる大人な男性を目指したいと思います。」とコメント。モダンに生まれ変わる新店舗「ブルックス ブラザーズ 表参道」とともに、「Brooks Brothers Man」としての今後の賀来賢人の活躍に、乞うご期待!

撮影:操上和美

 

■Brooks Brothers Man

2020年8月31日(月)賀来賢人就任

着用アイテム:フランネル 3ボタン ブレザー(ミラノフィット) ¥69,000 / オックスフォード ポロカラーシャツ ¥19,000 / ストレッチコットン 2プリーツチノ ¥14,000 / シルク ポケットスクエア ¥6,000 / レップタイ ¥13,000 / コードバン ローファー ¥110,000(全て+tax)

お問い合わせ:ブルックス ブラザーズ ジャパン / TEL 0120-02-1818

www.brooksbrothers.co.jp