オリバーピープルズが日本が誇る職人「匠」へのオマージュとして誕生した『Oliver Peoples TAKUMI』コレクションを発売 ものづくりとデザインの歴史の中に存在する高い理想を表現

Oliver Peoples(オリバーピープルズ)は、日本が誇る優れた職人「匠」へのオマージュとして誕生した『Oliver Peoples TAKUMI』コレクションを、7月中旬より発売。「匠」とは、優れた技術を持つ”職人”を表す言葉。「匠」と呼ばれるまでには、何十年も修行に励み、技術を習得する必要がある。ただし、「匠」の哲学とはものづくりにおいて単に技術を習得することに留まらず、追求している分野で常に自己最高の技術を発揮するという精神的かつ社会的義務を伴っている。名誉ある称号にふさわしい本物の「匠」は、いかなる手順、そして細部も軽んじてはならないことを知っており、その作品は常に非の打ち所がなく完璧なものでなければならない。『Oliver Peoples TAKUMI』は、日本のものづくりとOliver Peoplesのデザインの歴史の中に存在する高い理想を表現したコレクションとなっている。日本のものづくりへの情熱に魅了されたOliver Peoplesは、当初から日本の生産者と協力することを考えていた。日本との関係は1987年から始まっており、当時の連絡手段はファックスや、頻繁な日本への訪問だった。日本のファッション、建築、文化、芸術がブランドに与えた影響は健在で、細部まで抜かりなく作られ、美しくデザインされた耐久性の高いアイウェアの製造において、今日も日本のパートナーから引き続きサポートを受けている。ロサンゼルスでデザインされ、日本で作られた『Oliver Peoples TAKUMI』は、日本の洗練されためがねづくりと、Oliver Peoplesの歴史が融合した新作チタンコレクション。時代を超越するスタイルをモダンに表現し、日本のものづくりとデザイン要素を全体に取り入れた、オプティカル2種、サングラス1種とクリップオン1種で構成されている。すべてのスタイルに繊細な職人技のフィリグリー(金銀線細工)が施され、日本のミニマリズムとデザイン構造の象徴として立体的なダイヤモンドとドットのパターンを採用。チタンのフレームには、彩度の異なるヴィンテージからインスピレーションを得たカラーのカスタムレンズを合わせて仕上げられている。カリフォルニアと日本とのつながりを表現するため、キャンペーンは、世界的に有名な建築家フランク・ロイド・ライトが設計したウォーカー邸で撮影された。『Oliver Peoples TAKUMI』の価値を定義するクオリティとデザインには、日本の芸術に魅了されたフランク・ロイド・ライトがウォーカー邸に込めた美学に通ずるものがある。ウォーカー邸とTAKUMIコレクションはいずれも細部まで徹底的にこだわって作り込まれ、見落としてしまいそうな繊細なディテールによって高度な職人技が際立っている。アイウェアのブリッジの独特な溶接や、リムに沿って施された微細な彫刻など、手に取った瞬間に非の打ち所のないディテールで見る者を魅了。職人の手作業によるさりげなく美しいディテールで、時代を超越したカリスマ性を秘めたコレクションに仕上がっている。『Oliver Peoples TAKUMI』コレクションで、日本の職人技を肌で感じてみてはいかが。

左:TAKUMI 1(全4色展開) ¥55,000 右:TAKUMI 1 サングラスクリップ(全2色展開) ¥17,800(共に+tax)

左:TAKUMI 2(全4色展開) ¥55,000 右:TAKUMI 3(全4色展開) ¥57,100~60,100(共に+tax)

 

■Oliver Peoples TAKUMI

2020年7月中旬より発売

お問い合わせ:ルックスオティカジャパン カスタマーサービス / TEL 0120-990-307

www.oliverpeoples.com