食とウェルネスとワークカルチャーを融合した「EAT PLAY WORKS」が広尾にオープン "食べて""遊んで""仕事して"をコンセプトにデザイン

食とウェルネスとワークカルチャーを融合した施設『EAT PLAY WORKS』が、7月20日より広尾にオープン。『EAT PLAY WORKS』は、これからのビジネスパーソンに向けた、ユニークでエクスクルーシブなコミュニティを提供する。Salt Groupの全体プロデュースにより、これまでになかった新しい”ワークライフスタイル”を提案。1階から6階の全てのフロアを通して、”食べて””遊んで””仕事して”をコンセプトにデザインされている。1階と2階のレストランフロア「THE RESTAURANT」には、国内外で注目を集める銘店の新業態17店舗がラインナップ。一流の味をカジュアルに楽しめる新業態で展開される。注目はスペインの三ツ星レストラン「サンパウ」出身のシェフ、ジェローム・キルボフが手がけるスパニッシュバル「Gracia(グラシア)」。この店舗にはジェロームシェフ本人がカウンターに立ち、スペインの”今”をエネルギッシュに表現している。そして、二つ星フレンチ「レフェルヴェソンス」のスーシェフとして5年間務めあげた根本憲仁シェフは、カジュアルレストラン「Bistro Némot(ビストロ ネモ)」で、よりカジュアルなビストロ料理に挑戦。さらに鮨界の新星、銀座の「はっこく」のカジュアル新業態「寿志團」では、お任せ握り10貫をリーズナブルな価格(昼3000円、夜5000円)で楽しめるほか、外苑前で人気を博すモダン・ベトナミーズ「Ăn Đi」のカジュアル店「Ăn Cơm(アンコム)」では、大越基裕監修のもとよりカジュアルなモダン・ベトナミーズに日本酒をペアリング。新しい食体験を提案する。3階と4階は『EAT PLAY WORKS』メンバーと、そのゲストのみが利用可能なメンバーズラウンジで、仕事をしたり、夜に仲間と飲んだり、瞑想したりと好きな場所で自由に過ごせる、上質で開放的な空間が広がっている。快適なテラスも魅力のひとつ。また、「Wellness Program」としてマインドフルネスやメディテーションの世界的指導者ニーマル・ラージ・ギャワリによる「suwaru マインドフルネス瞑想」の専用プログラムや、NYで数多くの講座を開催してきたHIKO KONAMIによるサウンドバス(音浴)プログラムも定期的に開催。さらに、メンバー限定の仕事場・遊びの場・寛ぎの場として、優雅なひとときを過ごす会員制のグランピング施設「TOKYO CLASSIC CAMP」、日本本来の自然を取り戻した美しい森「C.W. ニコル AFAN の森」など今後も増える予定の提携施設が提供されていく。5階と6階はルームメンバーのみが利用可能なプライベートオフィスで、最高な立地と充実したファシリティは、メインオフィスとしてもセカンドオフィスとしても最適。また、3階から6階のメンバーは、「THE RESTAURANT」から希望のフードやドリンクを好きな時間にデリバリーできるRoom Serviceなど、ホテルライクなサービスも利用できる。『EAT PLAY WORKS』は、東京メトロ日比谷線広尾駅から徒歩1分、広尾商店街入り口至近に位置しており、都内屈指の高級エリアであると同時に、外国人就業者や住民も多く、職住一体のグローバルなコミュニケーションエリアでもある。『EAT PLAY WORKS』で楽しく”食べて””遊んで””仕事して”みてはいかが。

外観

「THE RESTAURANT」1階 内観

「THE RESTAURANT」2階 内観

3階 内観

4階 内観

5階 内観

「suwaru マインドフルネス瞑想」専用プログラム

サウンドバスプログラム

「TOKYO CLASSIC CAMP」

「C.W. ニコル AFAN の森」

 

■EAT PLAY WORKS

2020年7月20日(月) オープン / 東京都渋谷区広尾5-4-16
OPEN 1・2階 THE RESTAURANT 11:00〜23:00(各店舗により異なる)
3・4階 メンバーズラウンジフロア/プライベートオフィスフロア 24時間

eatplayworks.com