Sergio Rossiは昨年から始まったコラボレーションプロジェクトの最新作としてミラノ発エスパドリーユブランドManebíと「srアディクション セルジオ ロッシ+マネビ」を発表

Sergio Rossi(セルジオ ロッシ)は、昨年から始まったコラボレーションプロジェクトsrAddiction(エスアール アディクション)の最新作として、ミラノ発エスパドリーユブランドManebí(マネビ)と『srAddiction Sergio Rossi + Manebí(srアディクション セルジオ ロッシ+マネビ)』を発表。幸せな夢に酔いしれるスピリットをイメージし、70年以上に渡るSergio Rossiのノウハウと、Manebiの爽やかな世界観をバランスよく完璧に結びつけた。夢のような夏の気分や自由で明るい日々を描き、これから私たちを待っているすべての冒険のために作られた、新たなマストハブ・コレクションになっている。「ポストコロナ時代は、恐れることなく大胆にアクションを起こしたい人にとって重要な機会でしょう。マネビとのコラボレーションには、その姿勢を体現しています。2つのイタリアブランドが共に手をとり、夏を愛する人々のためにモダンなシューズを生み出しました。これまで以上にスマートな方法でお客さまへアプローチし、ブランドに新鮮なエネルギーをもたらす必要があるため、これは大きなステップになると考えています。」と、Sergio Rossiグループ最高経営責任者のRiccardo Sciutto(リカルド・シュット)は語る。Manebí創設者アントネッロ・ベナティ、ヴェラ・ドロッソプーロ・ボダーニョは、「このセルジオ ロッシ+マネビは、イタリアそして全ての女性へのラブレターのように夏の喜びを届けたいという願いから生まれました。ファッションの歴史であるブランドのノウハウを有するSergio Rossiと、若く大胆なManebíのマインドが組み合わされたコントラストこそが、このコラボレーションの醍醐味。今日という日はさらに美しくなるのだと共に伝えるため、私たちが団結しているときに持つ強さを改めて確認したようなユニークな瞬間の中で見つけた、前向きな想いとコラボレーションのメッセージを共有するための物語です。」とコメント。今回の『srAddiction Sergio Rossi + Manebí』では、ManebíのアイコニックなエスパドリーユをSergio Rossiの視点をもって再解釈し、サンダル、ウェッジヒール、フラットエスパドリーユの3型はディティールにこだわり、複数のカラーで登場した。ロゴをプリントしたシューレースがジオメトリックな シェイプを生み、ヌードカラーやデニム素材で展開。ウェッジヒールには、全体的にグリッター素材や、クリスタルのビジューを採用。タイムレスでありながら熱を感じられる黒やトフィーブラウンのスエード素材にターコイズやコーラルの石をプラスし夏らしさを演出することで、歩くたびにグラマラスな気分を味わえる。Sergio RossiとManebíがコラボレーションした『srAddiction Sergio Rossi + Manebí』のエスパドリーユを取り入れて、いち早く夏らしさを演出してみては。

LIGHT ROSE 各¥39,000(+tax)

LIGHT ROSE 各¥38,000(+tax)

VAR.SILVER(ヒール7㎝) 各¥46,000(+tax)

 

■srAddiction Sergio Rossi + Manebí

www.sergiorossi.com