ACTUSはデザイナー深澤直人とマルニ木工との共同プロジェクトの第2弾としてラウンジチェア「MEGURO」を発売 ゆったりとした背もたれと腕をやさしく支える造形的なアームが特徴

ACTUS(アクタス)は、デザイナー深澤直人とマルニ木工との共同プロジェクトの第2弾として、ラウンジチェア『MEGURO(メグロ)』を5月より発売する。同プロジェクトは「より上質で、時代に左右されず、そして人々に永く愛され続ける家具を世に送り出す」というコンセプトで始まり、第1弾としてダイニング家具シリーズ「AOYAMA(アオヤマ)」を2013年に発表。今回、第2弾の『MEGURO』は、ゆったりとした背もたれと腕をやさしく支える造形的なアームが特徴のラウンジチェア。寛ぎのリビング=ソファという定義を覆す、至福の時を与えてくれる存在になっている。「彫刻的な造形が随所にちりばめれた、このMEGUROラウンジチェアは、インテリアの全体のストーリーを引っ張っていく存在になります。この椅子を軸にすれば、ラグはこれ、照明はこれ、と自ずとMEGUROの個性がインテリアを決めてくれます。そして、椅子は前から見る姿が正面なような気がしますが、どちらかというと後ろから見る姿も重要なんです。後姿が美しくないとインテリアとしては決まらない。全体のプロポーションから細部に至るまで完成度が高く、その分、製造加工がすごく難しかったと思います。リビングにソファを置くのをやめてラウンジチェアで生活するのもありだと思います。どちらが住空間をリッチに魅せるかというと圧倒的にラウンジチェアの方だと思います。ソファはひとつのフォームの塊ですから、ソファの存在がある程度インテリアを決めてしまう。そういう意味ではMEGUROは、欧州の優雅で気品あるテイストを含んだ椅子だと思います。椅子を決めるということは、自分のライフスタイルや生き方を決めることに価します。MEGUROは、そうするに相応しいアイテムです。あと10年後に価値観や暮らし方が変わったら変えようというような過渡期の椅子ではなく、私の人生はこれでいこうと、決めるときに選ぶのがこの椅子だと思います。」とデザイナー深澤直人は語る。スマートで軽快な印象ながら、座面の横幅よりも敢えて背もたれの横幅を広くすることで、背中を預けたくなる安心感と抱擁感のあるデザイン。座面の位置と重心を低めにすることで、オットマン無しで快適に過ごすことができる。見た目の圧迫感もなく、細く伸びた後ろ脚と、それにつながるやや筋肉質なアーム、そして貫の一本一本がそれぞれを支えあう繊細で複雑な構造のフレームがもう一つの特徴。その細いフレームとシートの接着面を少なくし浮遊感のあるデザインにするなど、細部にまで手間をかけて製作している。また、大きな面の背もたれの奥から始まり細い前脚へとつながるアームは、有機的で滑らかな曲線を描いている。マルニ木工の熟練した削り出しの技術あってこその造形的な仕上がりになっている。「深澤直人×MARUNI×ACTUS」共同プロジェクト第2弾の『MEGURO』をあなたのライフスタイルにも取り入れてみては。

■深澤直人×MARUNI×ACTUS「MEGURO」

2020年5月よりアクタス新宿店・青山店・京都店・六甲店など一部直営店より先行発売 順次全国のアクタス店舗にて発売

サイズ : W737 D707 H765 SH383mm

オーク材 / TWILL ¥280,000、マルニスムース ¥310,000、エルモレザー ¥380,000(全て+tax)

ウォールナット材 / TWILL ¥320,000、マルニスムース ¥350,000、エルモレザー ¥420,000(全て+tax)

https://www.actus-interior.com/

 

 

 

HANKYU HANSHIN E-STORES MATCHESFASHION.COM - JP