BALLYより1990年代にデザインされたアイコニックなスニーカー「Kuba」と登山と冒険に深い繋がりを持つバリーの伝統から着想を得たメンズバッグコレクションが登場

BALLY(バリー)より、2020年春夏新作スニーカとバッグが登場。1990年代に初めてデザインされた、大胆な外見と精密なクラフトマンシップ、そして先進の技術を誇るアイコニックなスニーカー『Kuba』が、オリジナル製品の美しい見た目と構造を完全に維持しつつも新しい鮮やかな色彩を纏い、新製品となって登場する。『Kuba』は、スイス人のスターテニスプレーヤー、ヤコブ・ラセクの卓越した戦歴に触発され、製品化されたスニーカーで、その名称はラセクの幼少時代のニックネーム、『Kuba』に由来している。今シーズン、新発売される『Kuba』は、ラセクがテニスコートで愛用したシューズの完全レプリカで、オリジナル製品の構造、ディテール、フォルムを忠実に再現した製品となっている。機能面では、アウターソールのラバーとインナーソールのEVAフォームが足元に優れた快適性とクッション性をもたらし、メッシュ素材が通気性を高め、デザイン面では、シュータン部分に施されたオリジナルのバリーテニスロゴと、サイドパネルにあしらわれたバリーウィングのモチーフがアクセントを効かせている。ヴィンテージスタイルとポップカラーが一体化したスニーカー『Kuba』は、レジェンドが愛用した伝説のデザインの進化系。また、登山と冒険に深い繋がりを持つバリーの伝統から着想を得たメンズバッグコレクションからは、スタイルの幅広さと現代的な外観が目を引く『Explore』と『Hawke』が登場する。シンプルなブラックと、バリーの2020年春夏コレクションのテーマ「Graphic by Nature」における”自然”を想起させる新鮮なプリントで展開される『Explore』シリーズは、軽量で防水性に優れたテクニカルナイロンを素材とするクラシックなフォルムのバッグの数々がラインナップ。バリーストライプを象徴するジッパーやフロントのロゴプレートなど、手作業で施されたブランドのディテールが随所に見られる『Explore』は、驚くほどの多用途性が特徴。街の中でも自然の中でも安心して持ち歩くことのできる多機能なデザインが、バックパック”Falco”では外出中に必需品を取り出し易いファスナー付きのリアポケットで、クロスボディバッグ”Faston”では人間工学に基づいて快適性を追求したフラットなショルダーストラップで、そしてバムバッグ”Finlei”ではバッグの中身を整理し易い内部の工夫で実現されている。一方、『Hawke』シリーズの特徴は、テクニカルコードとグラフィックなウェビングをあしらった、トレッキングバッグのような大胆な外観。コレクションのキーアイテムには、多用途のバックパック”Havanas”、すっきりとしたデザインのバムバッグ”Hassie”、バックルクロージャーを配したボリューム感のあるバムバッグ”Huner”などがラインナップ。滑らかなナイロン素材が目を引く『Explore』と冒険的なデザインが特徴的な『Hawke』、どちらのコレクションにおいても、バリーの伝統及びクラフトマンシップと、毎日持ち歩くことのできる実用性が、絶妙な形で融合している。ヴィンテージかつモダンな、バリーの2020年春夏新作バッグとスニーカーをぜひチェックして。

Kuba

左:Explore Falco / 右:Explore Fuston

左:Explore Finlei / 右:Explore Fholler

Hawke Havanas

Hawke Hassie

Hawke Huner

 

■BALLY

BALLY.COM

 

MATCHESFASHION.COM - JP

BEAMS Online Shop