ファッションモデル岩崎 拓⾺ディレクションによる新コンセプトレーベル「re:tack(レタック)」がローンチ スニーカーをはじめ、トータルアパレルレーベルとして展開をスタート

株式会社エフエーアールエムは、ファッションモデル岩崎 拓⾺(いわさき たくま)をディレクターに招聘し、新コンセプトのアパレルレーベル「re:tack(レタック)」を、4月よりローンチ。本プロジェクトは、⾰靴のテクニックと現代的な機能素材を融合し、新たなデザインを提案する東京発のスニーカーブランド「SLACK FOOTWEAR(スラック フットウェア)」と岩崎 拓⾺のコラボレーションスニーカープロジェクトよりスタート。岩崎の感性により誕⽣したスニーカーは、メンズ〜ウィメンズの垣根を越え幅広い層に受け⼊れられた。その背景のもと、今回新たにre:tackは、スニーカーをはじめ、トータルアパレルレーベルとして展開を開始。ブランド名は、”re”=返す、”tack”=スウェーデン語でありがとうの意に由来。素材・デザインにこだわるモノづくりにより、地球・お客様・またこのブランドに関わるすべてのひとに「感謝のお返し」をしたいという、岩崎の強い思いが込められている。デビューコレクションは、スニーカー3型(素材違い6種)、アパレル8型が展開され、4月より順次、取り扱い店舗、オンラインショップにて発売をスタート。機能⾯では通気性に考慮しながら、スタイリングの幅がひろがるよう、アッパー部分にシースルーリップストップナイロン、汚れにくく⽔に強い⼈⼯⽪⾰(ヴィーガンレザー)のスムースレザーを使⽤したスタイリッシュなハイカットシューズ「BRISE(ブリーズ)」。旅先でも履きやすく持ち運びやすいシューズをイメージした「PAREN(パーレン)」は、シーズンレスで履きやすいフラットシューズをベースにしたクロスバンドディテールが印象的なバルカナイズ製法のスニーカー。アッパーには動物性の素材は使⽤せず、汚れにくく⽔に強い⼈⼯⽪⾰(ヴィーガンレザー)のスムースレザーで構成されている。左右⾮対称のステッチをほどこしたユニークなデザインが特徴の「APERTE(アペルテ)」。左⾜側のみポルトガル語で”HOMEM E MULHER=男と⼥”という意味のステッチを施すことでジェンダーレスのメッセージを込めた、ベーシックなキャンバスレースアップスニーカーとなっている。ファッションを愛するモデルとしての⽴場から、今回発表するスニーカーとのコーディネートの相性をイメージしたアパレルのラインナップ。国内外のこだわりの素材を、フォトプリントのカットソーやセットアップ可能なアイテムにて構成。オーセンティックなストライプのバリエーションを軽やかにこなしたシャツ地のシリーズは、着⽅の汎⽤性はもちろん、1着でもコーディネートのアクセントになるアイテムが揃い、性別を問わず、⾝に纏ってくれる⽅たちと⾼揚感を共有できることを願っている。ファッションモデル岩崎 拓⾺がディレクションする「re:tack」のデビューコレクションで、彼のモノづくりに対する情熱を感じてみてはいかが。

BRISE ¥15,800(+tax)

PAREN ヴィーガンレザー ¥11,800 エコファー BLACK SOLID/レオパード ¥12,800(共に+tax)

APERTE キャンバス ¥11,800 キャンバス×ヴィーガンレザー ¥13,800(共に+tax)

岩崎 拓⾺

 

■re:tack(レタック)

2020年4月ローンチ

https://www.retack.jp

 

 

 

MATCHESFASHION.COM - JP

BEAMS Online Shop