猿田彦珈琲が東京23区内初の大型店舗「猿⽥彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」をJR原宿駅新駅舎にオープン 同店限定エクスクルーシブラインのコーヒー”The Bridge”が登場

猿田彦珈琲株式会社は、東京23区内初の大型店舗「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」を、3月21日、JR原宿駅新駅舎内にオープン。同日に生まれ変わるJR原宿駅 明治神宮口改札前の2階フロア一帯にオープンし、日本らしい色彩感覚や間を作るための余白を取り入れ、「たった一杯で、幸せになるコーヒー屋」を目指す猿田彦珈琲の世界観が表現されている。また、同店限定のエクスクルーシブのコーヒーラインとして”The Bridge”を発表。各国最高峰のコーヒーを独自に厳選しブレンドした「猿田彦の夜明け‒THE RISE OF SARUTAHIKO-」や、ウイスキー樽で熟成された薫り高い「バレルエイジドコーヒー」などが初登場し、猿田彦珈琲のこれまでの英知を集結させて生まれた、新しいコーヒー体験を提供する。日本らしい色彩感覚や、間を作るための余白を設計することで、コーヒーを嗜む贅沢な時間を追求したストアデザインとなっており、幾何学的な線の構成や低い軒などは、和の空間構成を思わせ、心地よさや安定感を生み出している。そこで意識されたのが日本の“路地”。「SUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd.」による店舗設計デザインは、高さを感じるための低さ、広さを感じるための狭さで奥行きとリズムを生み出し、まるで一つの路地に迷い込んだような空間を作り出している。店名とエクスクルーシブコーヒーラインの名称である”The Bridge”は、表参道から明治神宮にかけて架かる、店舗のすぐ隣の神宮橋と五輪橋に由来しており、またコーヒーのつくり手とお客様、日常と非日常、過去と未来をつなぐ架け橋のような店舗でありたいとういう想いが込められている。「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」は、エクスクルーシブコーヒーライン”The Bridge”初の取り扱い店舗。コーヒー業界のアカデミー賞とも言われる、最高品質のコーヒーにのみ与えられる栄誉ある称号Cup of Excellence入賞のコーヒーや、ゲイシャ品種のコーヒー、同店舗限定のシングルオリジンコーヒー(常時3~4種類)の他、ウイスキー樽で特別な技法によって熟成させたバレルエイジドコーヒーを展開する。また、JR原宿駅の新駅舎との新たなスタートを記念し、原宿駅長はじめ駅員の皆さまと共にオリジナルブレンド「原宿ブレンド」 (ドリップ ¥540 コーヒー豆(100g) ¥900 ※表示価格は税抜価格)を開発。さらに、アメリカ発のガラス製食器ブランドFire-King(ファイヤーキング)とJR原宿駅及び猿田彦珈琲のコラボレーションスタッキングマグも発売。都内最古の木造駅舎である原宿旧駅舎をモチーフとしたスタッキングマグは、猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅限定アイテムとなっており、原宿を訪れた記念の一品としてもおすすめ。JR原宿駅新駅舎内にオープンする「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」で、コーヒーのプライスレンジの枠にとらわれない最高品質のコーヒー体験をしてみてはいかが。

■猿⽥彦珈琲 The Bridge 原宿駅店

2020年3月21日(土)オープン / 東京都渋谷区神宮前1-18-20 原宿駅2階 TEL 03-6721-1908 / 8:00~22:00(フード LO21:30) 不定休

sarutahiko.co

 

 

 

HANKYU HANSHIN E-STORES MATCHESFASHION.COM - JP