Salvatore Ferragamoが1979年に誕生したメゾンのアイコンVARAシューズをモダンにアップデートした新アイコン「VIVA」を発表 2月17日に世界同時発売

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)は、メゾンのアイコンであるヴァラ・リボンを大胆にモダンに進化させた新しいシューズ「VIVA」を発表。クリエイティブ ディレクターのポール・アンドリューがデザインした「VIVA」は、2月17日に世界同時発売。1979年にフィアンマ・フェラガモによって誕生したクラシックなVARAシューズに再解釈を加え、アップデートした。サルヴァトーレ フェラガモの2020年春夏のコレクションでは、リボンモチーフのシューズが初めてメゾンのランウェイに登場し、この「VIVA」がショーの主役となった。これは、メゾンの過去に敬意を表すとともに、未来に向けて新たなステージの到来を告げるためだった。サルヴァトーレ フェラガモの過去・現在・未来をつなぐ「VIVA」は、その生みの親であり、輝かしい歴史に彩られながら今なお人気が高いVARAと共に展開される。この新商品は様々なスタイル、カラー、仕上げで登場し、現代の女性たちのキャリアや好みと同じように多様で多面的にデザインされている。「VIVA」は、2月から順次クラシックなタイプまたはラッフルタイプの2つのスタイルと、ミドル(5.5cm)またはロー(2cm)の2つのヒール高で発売開始され、今後は幅広いバリエーションが用意される予定となっている。ポール・アンドリューは、「フェラガモの新世代のシューズをデザインする機会を与えられることは非常に名誉なことなので、真剣に取り組みました。まず最初に認識したのは、新しい世代は過去とははっきり異なり、個性的で、それぞれの時代によって形作られるけれど、いずれもその前の世代が生み出した状況に端を発するということだった。それゆえ、フェラガモのシューズの最も象徴的なエンブレム”VARAのグログランのリボン”を再解釈し、まったく新しいモダンなデザインを構築しました。リボンはグログランのオリジナルリボンよりも大きめで、よりインパクトがあります。素材は、レザー、デニム、リネンキャンバスなどシューズ本体の部分と同じ。私が好きなアーティストであるリチャード・セラからインスピレーションを受け、ヒールを彫刻的なブロックのフォルムにモダンにアップデートさせ、「VIVA」には、インクルーシブでダイナミック、そして発展的なフェラガモの未来が凝縮されています。」と話している。サルヴァトーレ フェラガモの新アイコン「VIVA」を、あなたのファッションに合わせてセレクトしてはいかが。

¥83,000(+tax)

¥79,000(+tax)

¥90,000(+tax)

 

■Salvatore Ferragamo「VIVA」

2020年2月17日(月)世界同時発売

www.ferragamo.com