Stella McCartneyがジョナサン サフラン フォアの気候変動危機をテーマにした同タイトルの小説にちなみ名付けられた「We Are the Weather」カプセルコレクションを発表 阪急うめだにてポップアップイベントも開催

Stella McCartney(ステラ マッカートニー)は、小説家にして環境保護論者であるJonathan Safran Foer(ジョナサン サフラン フォア)の気候変動危機をテーマにした同タイトルの小説にちなんで名づけられた「We Are the Weather(ウィー アー ザ ウェザー)」カプセルコレクションを発表。ポジティブかつ力強く示唆に富んだ活動家のスピリットに活気を与えてくれる。本コレクションは、ステラ マッカートニー2020年スプリングコレクションの一部として2月3日よりステラ マッカートニーのストアと世界中の専門店や百貨店など一部卸売チャネルにて発売されており、日本では2月12日より展開する。さらに2月12日から18日まで、阪急うめだ本店1階コトコトステージ11にて、2020年スプリングコレクションのアイテムが一堂に集結するポップアップイベントを開催。イベント会期中、アイコンバッグ「ファラベラ」シリーズを購入した方には、ステラ マッカートニーのオリジナルメッセージが刺繍で施されたリボンを数量限定でプレゼント(バッグをその場でデコレーションできるサービスは、阪急うめだ本店ポップアップ限定サービス)。行動主義に対する力強いメッセージは、ジョナサンの小説に登場する「we are entirely free to live differently(=異なる生き方の自由)」ウィメンズとメンズのRTW、ニットウェア、アクセサリーにプリントとしてフィーチャーされている。グラフィカルな太陽プリントのイラストレーションは、ルック全体がニューエイジを連想させ、若さあふれるカルト的な魅力を放つ。さらに洗練された解釈を加え、メッセージの刺繍を施したリボンが、シャープなサヴィル ロウのテーラリングを優美に飾る。環境に対するステラのコミットメントを体現するため、コレクション全体を通し、サステナブルなマテリアルが用いられている。オーガニックコットンは、有毒で分解されにくい殺虫剤や合成肥料、遺伝子工学を用いずに(少なくとも3年間)栽培されたコットンのこと。オーガニックコットンの栽培は水を効率的に使い、有毒な殺虫剤や合成肥料を使わずに栽培されるうえ土壌の健全性を促し、農家の人々へより高い社会基準をもたらしている。耐久性に優れた天然繊維であるリネンの原料となる亜麻は、有機栽培をすることにより化学物質を使わずに栽培・加工することができ、リネンは食用作物の生産には適さない限界耕作地でも栽培が可能となっている。ステラ マッカートニーの再生カシミアは、生産工程で発生するプレコンシューマー繊維廃棄物から作られている。廃棄物は、イタリアで選り分けられ、機械的にリサイクルされ、紡がれ、美しい再生糸として生まれ変わる。ステラ マッカートニー「We Are the Weather」カプセルコレクションで、ステラの地球環境に対する想いを感じてみてはいかが。

■Stella McCartney「We Are the Weather」カプセルコレクション

2020年2月3日(月)~ステラ マッカートニーのストアと世界中の専門店や百貨店など一部卸売チャネルにて発売

日本展開:2月12日(水)より順次全国展開

2月12日(水)~18日(火)ポップアップイベント(阪急うめだ本店1階 コトコトステージ11)

お問い合わせ:ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) / TEL 03-4579-6139

stellamccartney.com