モンクレールがミラノのViale Molise 70にて「MONCLER GENIUS 2020」のプレゼンテーションを開催 ”1つのメゾン、異なるボイス”新たなテリトリーの探索

MONCLER(モンクレール)は、ミラノのViale Molise 70にて、「MONCLER GENIUS(モンクレール ジーニアス) 2020」のプレゼンテーションを開催。モンクレール ジーニアスは、この4季目のコレクションの中で、継続的な進化と探求を続ける。異なるカテゴリーを代弁するパーソナルなボイスを届けるコミュニケーションを新たなアプローチによって掘り下げていく。時代の流れと共にモンクレール ジーニアスも変化する。オープンであり、実験と慣習を超越することにより駆動し、そのDNAは改革に根差し、カスタマーの行動や期待値、感情的なコネクションを紐解いていく。1 MONCLER JW ANDERSON:Jonathan Anderson(ジョナサン・アンダーソン)はエレガンスの先駆者。純粋で建築的なデザインであり、ジェンダーの壁を壊すことによりクレバーでノンバイナリーなビジョンを提案。彼のアーカイブから着想を得たデザインには、ドットとスパイクを装飾に使用し、マットとシャイニーを用いることで、カントリーサイドと都会的な装いを見事に融合した。2 MONCLER 1952 ウィメンズ:Veronica Leoni(ヴェロニカ・レオーニ)は、モンクレールのアウターウェアとアウトドアの要素を本質的なフェミニンへと再解釈している。功利主義と品格を融合することで、力強くエレガントなコレクションを展開。2 MONCLER 1952 メンズ:Sergio Zambon(セルジオ・ザンボン)はモンクレールの都会的で人類学的アプローチと、リアリティやユースカルチャーのムーブメントを融合。2020年のエナジーが70年代のポップなフィーリングと衝突することで、プレッピー、ヒッピー、パンクなど当時を象徴するスタイルがオールインクルーシブに表現される。このコレクションはロサンゼルスからインスピレーションを受け、様々なクリエイターの献身による、LAの太陽の輝きやレイドバックスピリットが融合したコレクションとなっている。3 MONCLER GRENOBLE – SANDRO MANDRINO:Sandro Mandrino(サンドロ・マンドリーノ)は、デザインとパフォーマンス、機能性に焦点を当て、ファッショナブルな要素を大胆にツイスト。アイテムの構造とファブリックテクノロジーを実現しながら、スキーをすることが前提に作られており、視覚的にもハイパフォーマンスを提案している。4 MONCLER SIMONE ROCHA:Simone Rocha(シモーン・ロシャ)は、トレードマークであるロマンティックなシェイプをドリーミーでアクティブなルックへと昇華。モンクレールのアウトドア精神はソリッドなフレームにより表現されている。5 MONCLER CRAIG GREEN:Craig Green(クレイグ・グリーン)は、テクニックとインダストリアルへの関心を大胆で想像力豊かなビジョンと融合。超軽量でありながら頑丈な生地であるマイクロリップストップナイロンを使用し、トランスペアレンシー、セキュリティ、プロテクションの概念に焦点をあてた実用的なフォームを考案した。6 MONCLER 1017 ALYX 9SM:Matthew Williams(マシュー・ウィリアムズ)は、モンクレールに適応されるガーメントダイの研究を進化させる。7 MONCLER FRAGMENT HIROSHI FUJIWARA:藤原ヒロシは研ぎ澄まされたカルチュラルアジテーターの感覚を注ぎ込み、ヴィンテージやミリタリー、アーバン、テクニカルな要素にエッジを効かせ、普遍的なものに少しだけ非日常的な要素を加え、機能的でクリーンなガーメントに神秘的なスローガンを加えている。8 MONCLER RICHARD QUINN:Richard Quinn(リチャード・クイン)は、エネルギッシュで恐れを知らず、独自の豪華絢爛を愛し、華麗に装飾されたエレガンスなビジョンを創造する担い手。大胆なプリントを施したガーメントには刺繍やビジューを散りばめたディテールが広がり、レディライクなシルエットでコレクションを展開。MONCLER POLDO DOG COUTURE:モンクレール ポルド ドッグクチュールは、モンクレールのパフォーマンスとプロテクションを私たちの最良の友であるドッグに捧げたプロジェクト。MONCLER RIMOWA ”REFLECTION”:アイコニックなラゲージブランドRIMOWA(リモワ)とモンクレール ジーニアスがコラボレーションし、モダンなラグジュアリートラベルを提案する。MONCLER MATE.BIKE:エクスペリエンスこそがモンクレール ジーニアスがもつ特徴であり、このスキルを潜在的に応用する分野は拡大する。この信念に基づき、2016年にコペンハーゲンで設立された先駆的な電気自転車ブランドのMATE.BIKEとのコラボレーションが実現した。モンクレール ジーニアス 2020年コレクションを、お見逃しなく!

1 MONCLER JW ANDERSON

2 MONCLER 1952 ウィメンズ

2 MONCLER 1952 メンズ

3 MONCLER GRENOBLE – SANDRO MANDRINO

4 MONCLER SIMONE ROCHA

5 MONCLER CRAIG GREEN

6 MONCLER 1017 ALYX 9SM

7 MONCLER FRAGMENT HIROSHI FUJIWARA

8 MONCLER RICHARD QUINN

MONCLER POLDO DOG COUTUR

MONCLER RIMOWA ”REFLECTION”

MONCLER MATE.BIKE

 

■MONCLER GENIUS 2020

www.monclergenius.com