プラダが2020年春夏レディス広告キャンペーン「PLAIN REDEFINED AS DARING ATTITUDE」を発表 ”PRADA”という5つの頭文字を使った言葉遊びを中心に展開

PRADA(プラダ)が2020年春夏レディス広告キャンペーン「PLAIN REDEFINED AS DARING ATTITUDE」を発表。今シーズン提示するのは、複数の視点。これらは、たえず変化し続ける女性たちと、一点に留まることのないプラダの多面性を反映している。言葉は、物事を定義するツールとして特別な力を宿している。プラダは、言葉の既存の定義に挑み新たな定義を打ち出し、それぞれの言葉を文脈から切り離し組み替えることで、想像上の物語を呼び起こし、私たちの視点に変化をもたらす。定義不可能とされるものを定義しようとする試みが、定義不可能性を証明するのです。今回のキャンペーンは、”PRADA”という5つの頭文字を使った言葉遊びを中心に展開。写真に添えられた個々の言葉遊びが示すのは、プラダのコンセプトをめぐる様々な解釈。皮肉、シュール、相反する感情。多面性に富んだ言葉遊びの数々は、プラダを定義しようと試みながらも、結局、一つのコンセプトまたは概念として定義づけることが不可能である事実を証明する。言葉遊び同様、キャンペーンの写真はそれぞれ異なる視点を提示。世界に対する様々な視点を通じて、写真は各々パーソナルで異なった世界観を提案しながら、個々の軸に基づいた受け取り方を変化させる。ここにも、ひとつのパラドックスが存在。集合的なキャンペーンの一部でありながら、それぞれの写真は完全に独立している。アイデンティティの断片というよりも個々に独立した存在。同一の全体像について、それぞれの写真が矛盾するアングルを提示するのであれば、個々の写真こそがまさにプラダの全体像を表しているといえる。ジェイミー・ホークスワースによって撮影されたキャンペーンイメージは、写真という表現言語においてたえず繰り返される新たな発明や再構成を表現し、枠にはめられることを拒む。モノクロとカラー、ポートレートとフルレングス、田舎と都会、自然な姿と作り込んだクラシックなポージング、そして異なる人生の間を行き来する。キャスティングも同様に二面性を感じさせる顔ぶれが揃う。著名なモデルとアップカミングなモデルを共に起用し、女性の世界を表現。キャンペーン写真はモデルの個性を見事に捉え、一人一人の違いを讃える。さらに、キャンペーン映像が言葉遊びのコンセプトを強調。プロットに組み込まれ、繰り返し綴られる”PRADA”という言葉に合わせてストーリーが展開。まさにプラダとプラダが提案する女性像に内在する複数のアイデンティティ。不変でありながら変化し続ける、プラダの究極のパラドックス「ひと目でプラダとわかる。しかし、定義は不可能」を体感して。

■PRADA

www.prada.com