LOEWEが2020年春夏ウィメンズコレクション パブリケーション「ノグチと歌舞伎」をリリース エキセントリックな日本人アーティストfumiko imanoがカイア・ガーバーをモデルに迎え撮影

カイア・ガーバー / fumiko imano

LOEWE(ロエベ)は、新たな2020年春夏ウィメンズコレクションのPUBLICATION『ノグチと歌舞伎』をリリース。日本人アーティストのfumiko imanoがパリのユネスコ本部にある、日系アメリカ人彫刻家のイサム・ノグチが設計を担当した「平和の庭園」にて、自身とKaia Gerber(カイア・ガーバー)を撮影した。世の喧騒から遠く離れた瞑想的な静けさを感じられるように造られたこの庭園は、儀式的な要素や石の彫刻、そして小川や蓮の池に沿って禅を意識して配置された竹や梅やモクレンの木が特徴的。fumiko imanoは、中判フィルムを切り貼りして架空の双子を生み出す、という魔法を使うエキセントリックな日本人アーティストで、彼女の目を通すと、ノグチの庭園は自身とカイア・ガーバーがモデルを務めるロエベの新たな2020年春夏ウィメンズウェアコレクションの撮影を行う歌舞伎の舞台にもなってしまう。だが、そのアイディアはこの庭園のコンセプトからそれ程かけ離れたものではなく、なぜなら、日がかりの演目や精巧な衣装など、歌舞伎もまた日常の世界からの逃避を目的としているから。スタイリストのベンジャミン・ブルーノ、ヘアスタイリストのシモーヌ・メーソン、そしてメイクアップアーティストのパット・マクグラスによってfumiko imanoと彼女の双子は”荒事”の悪役に変身し、カイア・ガーバーは2020年春夏パリコレクションにて登場した、ロエベの最新アイコン「バルーン バッグ」を手に、ノグチの庭園が建設された時代を思い起こさせるヘアスタイルで素朴なキャラクターを演じている。M/M(Paris)が監修およびデザインを担当した布装の「Publication #30」は1200部のみの限定版で、冊子1つ1つが手書きでナンバリングされている。デジタル版はiTunesよりダウンロードが可能。fumiko imanoがカイア・ガーバーをモデルに迎え撮影した、ロエベ 2020年春夏ウィメンズコレクションのパブリケーション『ノグチと歌舞伎』をぜひチェックして!

■LOEWE 2020年春夏ウィメンズコレクション パブリケーション「ノグチと歌舞伎」

iTunesよりデジタル版のダウンロード可能

www.loewe.com/jap/ja/home