名和晃平ら世界中の現代アーティスト11人がディオールのアイコンバッグを再解釈した「DIOR LADY ART #4」発売

KOHEI NAWA

1995年誕生以来、DIOR(ディオール)のアイコンであり続け、時には大胆を極めた再解釈によりモードを超えたひとつの歴史を物語るバッグ「LADY DIOR(レディ ディオール)」を世界中の現代アーティスト11人が類のないアートピースへと導くプロジェクト第4弾『DIOR LADY ART #4(ディオール レディ アート)』が発表。日本ではハウス オブ ディオール ギンザにて12月17日より発売された。第4弾では、日本からは名和晃平が参加しているほか、メキシコ、ポルトガル、米国など世界各地のアーティストたちはそれぞれ独自のやりかたでその建築的なシルエットやシグネチャーをを自身の世界やインスピレーションと融合させ、見事なピースへと仕上げた。ジョアナ・ヴァスコンセロス、リナ・バナルジー、王光乐、マルグリット・ユモー、ジア・リー、マリア・ネポムセーノ、ミッカリン・トーマス、名和晃平、エドゥアルド・テラザス、ラキブ・ショー、アティ・パトラ・ルガ、11人のアーティスト本人が制作の裏側について語るビデオコンテンツも必見。世界中の現代アーティストがDIORのアイコンバッグを再解釈した『DIOR LADY ART #4』をぜひチェックして。

MICKALENE THOMAS

JIA LEE

MARGUERITE HUMEAU

■DIOR LADY ART #4

2019年12月17日(火)ハウス オブ ディオール ギンザにて発売

お問合せ : クリスチャン ディオール TEL 0120-02-1947

https://www.dior.com