NIKE SPORTSWEARが「ナイキ エア マックス 90」誕生30周年を記念したモデルを発売 アウトソールには「ナイキ エアマックス 1」のものを使用

NIKE SPORTSWEAR(ナイキ スポーツウェア)は「ナイキ エア マックス 90」誕生30周年を記念したモデルを発売。ティンカー・ハットフィールドのデザインで、1990年に「ナイキ エア マックス III」として当初展開された「ナイキ エア マックス 90」は「ナイキ エア」の可能性を大きく広げた。従来よりも大きなエアユニットを擁し、屈曲性を高め、はと目を自由に選ぶことでフィット感をより調整しやすくしたレーシングシステムが採用され、異素材を組み合わせたアッパーのパネルは色遣いの幅を広げて活気のある美しさを引き続き表現し、それまで以上に刺激的なデザインをランニングに提供するものとなった。2000年代には、「ナイキ エア マックス 90」はスニーカー好きの人々の間で人気なスタイルとして確立。新しい世紀が始まった頃に展開された復刻版によりストリートでの地位を固める一方、数多くの様々なバージョンの展開によってサブカル系ファッションの定番となっていった。その勢いは衰えることなく、15、20、25年を経て、30周年を迎えた。2020年代に臨み、「ナイキ エア マックス 90」は、パネルのサイズ、トーボックスの高さやかかとのパネルを含めて、オリジナルの形に合わせながら刷新され、オリジナルのカラーブロッキングを参考にした複数のカラーで展開。中でも贅沢なオリジナルの裏打ちなど内部の構成が改良され、ソックライナーにはイースターエッグが隠されている。アウトソールは「ナイキ エアマックス 1」のものを使用。さらにもう一つの「ナイキ エア マックス」30周年を記念した驚きの要素は、90年代初頭にいくつかのモデルで使用していたオリジナルの細身の箱のデザインを復刻したこと。箱には、それぞれのシューズに合わせた色に特徴的なハザードストライプがあしらわれている。この記念となるシューズはユニセックスサイズでの展開で、『ナイキ エア マックス 90 CS』はアイボリーの色を使っているため、新旧の変化をより感じられるものになっている。『ナイキ エア マックス 90 CS』は12月21日よりNIKE.COM、SNKRS及び一部のNIKE販売店にて発売される。「ナイキ エア マックス 90」誕生30周年記念モデルをゲットして、ストリートスタイルをエンジョイして。

■NIKE SPORTSWEAR「ナイキ エア マックス 90 CS」

2019年12月21日(土)よりNIKE.COM、SNKRS及び一部のNIKE販売店にて発売中 / ¥15,400(税込)

お問い合わせ:NIKE カスタマーサービス TEL 0120-6453-77

NIKE.COM