OFFICINE UNIVERSELLE BULYから12種類の香りを一箱に収めたコフレ「ラ・ドゥゼーヌ・パルフュメ・デュ・ルーブル」と「ラ・ドゥゼーヌ・パルフュメ」が初登場

OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)から、”オー・トリプル”を一箱に収めた12種類の香りのコフレが初登場。”オー・トリプル”は、オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーを代表するアルコールを使わない水溶性香水。アルコールを使わないため、香りはあくまでもフレッシュで上品に。無作法に広がりすぎず、そしてお肌を傷めることなく、髪の毛やお洋服にも安心して使用することができ、あなたとあなたの親しい人ための知的な香水となっている。この度、8人の調香師がルーブル美術館の絵画にインスパイアされ創作した8種類の香りと、オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーの代表的な4種類の香りがセットになった「LA DOUZAINE PARFUMÉE DU LOUVRE(ラ・ドゥゼーヌ・パルフュメ・デュ・ルーブル)」が、12月15日より発売された。アングル作「ヴァルパンソンの浴女」(調香師ダニエラ・アンドリエ)、アンティオキアのアレクサンドロス作「ミロのヴィーナス」(調香師ジャン=クリストフ・エロー)、「サモトラケのニケ」(調香師アリエノール・マスネ)、アングル作「グランド・オダリスク」(調香師ドミティル・ミシャロン=ベルティエ)、バルトリーニ作「ニンフとさそり」(調香師アニック・メナルド)、フラゴナール作「かんぬき」(調香師デルフィーヌ・ルボー)、ドラトゥール作「大工の聖ヨセフ」(調香師シドニー・ランセッサー)、ゲインズボロー作「庭園での語らい」(調香師ドロテー・ピオ)、フルール・ドランジェ・ドゥ・ベルカンヌ、チュベローズ・ドゥ・メキシク、リケン・デコス、ローズ・ドゥ・ダマスがセットになった香りとアートで感じるスペシャルエディションコフレとなっている。また、オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーの個性的な12種類の水性香水がチャーミングなボックスに、そっと収められている。数種類をミックスして組み合わせを楽しんだり、昼と夜、様々なシーンにあわせて香りを変えるのもおすすめ。好みの香りを、髪や手首、首すじなどに馴染ませて使用することができる。パリの空気を伝える12種の香りのプレリュード。チュベローズ・ドゥ・メキシク、アル・カシール、リケン・デコス、ミエル・ダングルテール、ベルガモット・ドゥ・カラーブル、ヘリオトロープ・デュ・ペルー、マカサー、ユズ・ドゥ・キソ、ビガラード・ドゥ・セヴィーユ、スミ・ヒノキ、ローズ・ドゥ・ダマス、フルール・ドランジェ・ドゥ・ベルカンヌの水溶性香水ミニボトルがセットになった「LA DOUZAINE PARFUMÉE (ラ・ドゥゼーヌ・パルフュメ)」は、近日発売予定となっている。オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーの12種類の香りのコフレで、シーンに合わせた香りを楽しんでみてはいかが。

■OFFICINE UNIVERSELLE BULY

2019年12月15日(日)発売 「ラ・ドゥゼーヌ・パルフュメ・デュ・ルーブル」 12本セット(各9ml入り) ¥28,100 / 近日発売予定「ラ・ドゥゼーヌ・パルフュメ」 12本セット(各9ml入り) ¥25,600(共に+tax)

お問い合わせ:オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー(ビュリー ジャパン) / TEL 0120-09-1803

https://www.buly1803.com/jp/