シューズブランドMOONSTARから新プロダクトライン「810s(エイトテンス)」が登場 ”日々にちょうどいいフットウェア”

シューズブランドMOONSTAR(ムーンスター)は、新プロダクトライン「810s(エイトテンス)」を、12月上旬より発売をスタート。福岡県久留米市に本社・工場を置き、145年の歴史をもつシューズブランドMOONSTARは、その歴史の中で、自社工場で熟練の職人による手仕事によって作られるスニーカーと同じく、スクールシューズをはじめ、キッチンシューズやナースシューズ等の様々な専門分野で使われ続けているプロユースの靴づくりにも携わってきた。この度発売となる「810s」は、MOONSTARに受け継がれる膨大な数のアーカイブを掘り起こしていく過程で、同社が持っている強みや魅力のもう一つである、プロユースの靴づくりで培ったノウハウを活かし、デイリーユースになじむスタイルを提案していく新プロダクトラインとなっている。「810s」の名前の由来は、日本語の腹八分目という言葉のもつ”ちょうどいい”という感覚を表した「8/10=eight-tenths」を略したもの。ミニマルに仕上げたコートタイプのKITCHE(キッチェ)は、厨房や食品工場で使われるキッチンシューズをデイリーユースに。油や水に濡れた床面に吸い付くマルチストッパーソールや手入れが楽なアッパー素材を採用。上品にまとめたジョグタイプのSTUDEN(スチューデン)は、学生用のグランドシューズをデイリーユースに。踵をサポートするヒールカウンターや夜道での安全性を高めるセーフティブライト(反射材)を採用。リラックス感のあるバンドタイプのHOSP(ホスプ)は、機能性と快適性を備えたナースシューズをデイリーユースに。踏んでも履ける踵のストレッチ素材や立ち仕事を支える低反発インソールを採用。落ち着いた印象のサボタイプのCAF(カフ)は、厨房や食品工場で使われるキッチンシューズをデイリーユースに。油や水に濡れた床面に吸い付くマルチストッパーソールや手入れが楽なアッパー素材を採用するなど、合わせて4モデルが登場。MOONSTARの新プロダクトライン「810s」で、あなたの”ちょうどいい”フットウェアをセレクトしてみて。

810s/KITCHE カラー(ホワイト、グレー、ブラック) サイズ(22.5〜28.0cm) ¥5,000(+tax)

810s/STUDEN カラー(ホワイト、グレー、ブラック) サイズ(22.5〜27.0cm、28.0cm) ¥5,000(+tax)

810s/HOSP カラー(ブラック、サンド) サイズ(22.0〜28.0cm ※ハーフサイズなし) ¥5,000(+tax)

810s/CAF カラー(ホワイト、ベージュ、ブラック) サイズ(22.0〜28.0cm ※ハーフサイズなし) ¥4,500(+tax)

 

■MOONSTAR「810s」

2019年12月上旬より発売

お問い合わせ:株式会社ムーンスター カスタマーセンター / TEL 0800-800-1792(フリーアクセス) 平日10:00~17:30

https://bymoonstar.jp/810s