ASICSが建築家・隈研吾氏との初コラボレーションによる”メタライド”をさらに進化させたランニングシューズ「METARIDE™ AMU」を12月20日より全世界2020足限定で発売

ASICS(アシックス)は、日本を代表する建築家・隈研吾氏との初コラボレーションによる”METARIDE™(メタライド)”の機能をさらに進化させたランニングシューズ「METARIDE™ AMU(メタライド アム)」を、12月20日より、直営店(アシックス原宿フラッグシップ、アシックス大阪心斎橋、アシックス大阪 LINKS UMEDA)とアシックスオンラインストアにて、世界2020足限定で発売。今年2月に発売された「エネルギー消費を抑え、より長く走る」というアシックス独自の発想から誕生した”METARIDE™”をベースに開発。ニット素材を用いたモノソック構造を覆うアッパー部は、隈氏のアイデアにより日本の伝統的な竹を編む技法(やたら編み)から着想を得ている。複雑に交差したライン材の位置や形状は、アシックスの長年の研究によって導き出され、ランニング時の足をやわらかくしっかりとホールドし、つま先に向かって反り上がった特徴的なソール部は、ふたつの異なるフォーム材を使用。クッション性と耐久性という相反する機能を両立させ、安定感のあるスムーズな足運びを可能にする。環境に配慮した優しい建築を目指す隈氏の提案により、木材を原料とするセルロースナノファイバーを用いたミッドソール材”FLYTEFOAM”をあえて無着色にすることで、素材本来の色を活かし、かかと部分にはGELを採用して着地時のクッション性を高めている。走行効率を追求して設計された「GUIDESOLEテクノロジー」が搭載されており、接地時の衝撃を緩衝し、ストライドの効率を高めることで、長距離のランニングを快適にサポート。ランナーの体への負担を軽減することで、自転車を楽に乗っているのと似たような感覚を生み出し「もっとラクに、もっと長く」ランニングを楽しめる体験を提供してくれる。ランニングを楽しむための多彩な要素が調和し、オーガニックなフォルムとなった「METARIDE™ AMU」。人と大地をつなぐ先進的なランニングシューズが、アシックスと隈氏の新たなチャレンジによって誕生した。アシックスと建築家・隈研吾氏によるコラボレーションシューズ「METARIDE™ AMU」を履いて、日々のランニングを楽しんでみてはいかが。

隈研吾

 

■ASICS × 建築家・隈研吾「METARIDE™ AMU」

2019年12月20日(金)直営店(アシックス原宿フラッグシップ、アシックス大阪心斎橋、アシックス大阪 LINKS UMEDA)、アシックスオンラインストアにて、世界2020足限定で発売 / ¥36,000(+tax)

お問い合わせ:アシックスジャパン株式会社 お客様相談室 / TEL 0120-068-806

https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/running/metaride/amu