UNITED COLORS OF BENETTON.が100%自然由来のオーガニック繊維を使用したウールマークとのプロジェクト「Wool So Cool(クールなウール)」を発表

UNITED COLORS OF BENETTON.(ユナイテッド カラーズ オブ ベネトン)は、ザ・ウールマーク・カンパニーとパートナーを組み、色味鮮やかな「Wool So Cool(クールなウール)」を2019年秋冬コレクションとして発表。5,000か所の全販売ネットワークに関係する「Wool So Cool」は、ウールマーク認証を受けたニットで構成され、環境を意識しつつベネトンの遊び心溢れる美学が取り入れられている。消費者による着用物の品質への関心はますます高まっており、ウール繊維の原料と環境への影響が重要な要素となった為、今回のコラボレーションに至った。このニーズに合わせ、本キャンペーンでは天然の高級繊維であるメリノウールの特質をアピール。メリノウールの優れた点である柔らかさや品質、ベネトンの象徴的な鮮やかな色味を可能にしている色の染まりやすさなどを活かしたコレクションとなっている。グリーンピースのレポート「Destination Zero-衣料品業界デトックスの7年間」に参加しているベネトングループの環境に対する取り組みは、繊維に始まりサプライチェーン全体にまでわたる。ベネトングループは、この衣料品デトックスの取り組みに参加している企業として、主要なメンバーの1社として見なされている。このウールマーク認証を受けたニットは、100%自然由来で、再生可能かつ生物分解可能な100%オーストラリア製の極細メリノウールをイタリアで紡いだ糸で作られており、ベネトンの基礎であるカラフルな精神を体現している。このコレクションとあわせ、ベネトンのレディース・メンズコレクションのアーティスティック・ディレクターを務めるJean-Charles de Castelbajac(ジャン・シャルル・ド・カステルバジャック)がデザインした特別なアイテムも発売。このデザインに際しカステルバジャックは、「大好きなリコリスキャンディにインスパイアされました。独特の味で、他とは違うところがベネトンのスタイルに共通しています。黒とベネトンの象徴的な色は、ポップアートのようにポストモダンのリズムに合います」と話している。クルーネックのプルオーバーは、ストライプ柄のジャガード生地に幾何学的なデザインが描かれ、黒い袖と色の付いた袖口のコントラストが印象的。専門的な技術と100%自然な風合いが一体となったユニセックスなこのニットは、タートルネック、極細ニット、ジャケットの下に着るプルオーバーのラインナップでベネトンのコレクションに加わる。環境にも優しいベネトンの「Wool So Cool」を着て、ハッピーな日々を過ごしてみてはいかが。

■UNITED COLORS OF BENETTON.「Wool So Cool」

https://www.benetton.jp/