Justin R. Saundersがアー・ペー・セーのメンズウェアの本質とは何かを問いながら構築した「A.P.C. JJJJOUND INTERACTION #4」が発売

A.P.C.(アー・ペー・セー)は2020年春夏コレクションにて、JJJJound(ジョウンド)がINTERACTIONに参加し、「INTERACTION#4」として発表したアイテムを11月14日より発売。JJJJoundはタイムレスなデザインの中、反復するパターンを分析することを目的としたデジタルムードボードとして、2006年にローンチ。収集・整理された何千もの画像をベースに、色調が整えられたビジュアル群は、デザインコミュニティにとってグローバルな主力かつリファレンスとなり、過去10年間で目的と耐久性のあるアイテムの製造、有意義で物理的な環境の設計および構築、そしてデジタルプラットフォームとしての継続的な収集・整理というマルチチャンネルを通して、ひらめきを与えることを目的とした協同デザインスタジオへと成長した。さらに独自のプロジェクトに留まらず、JJJJoundは多数の著名なアーティストや有名ブランドとのコラボレーションを通して、デザイン倫理も強化してきた。カナダのモントリオールに拠点を置くデザインスタジオは、創立者のJustin R. Saunders(ジャスティン・アール・サンダース)が運営している。ドイツで育ったカナダ人のJustin R. Saundersは、A.P.C.との”Interaction”コレクションではブランド哲学に焦点を当て、イージーで一面的なルックを、A.P.C.のメンズルックの本質とは何かを問いながら構築。「INTERACTION #4」ではTシャツ2型、パーカ1型、スウェットシャツ1型、スウェットパンツ1型、そしてバックパックとキーチェーンがラインナップし、落ち着いた”Interaction”コレクションを構成。また、Justin R. Saundersはザ・ニューヨーカーからインスパイアを受けたキャラクターを、Rough Tシャツのために考案。彼のお気に入りデニムのPetit Standardはロウとブリーチの両方を展開予定で、バックサイドのレザーラベルと3本のピンが追加されたベルト部分が新たなモデルとなっている。さらに、外を歩いている際の香りを彷彿とさせる、新たなA.P.C.のキャンドル”Forest”も開発。Justin R. SaundersがA.P.C.のメンズウェアの本質とは何かを問いながら構築した、「A.P.C. JJJJOUND INTERACTION #4」をぜひチェックしてみて。

左:SWEAT JUSTIN(グレー) / 右:SWEAT JUSTIN(ダークネイビー) 各¥26,000(+tax)

左:HOODIE JUSTIN ¥29,000 / 右:JOGGING JUSTIN ¥24,000(共に+tax)

左:T-SHIRT JJJJOUND / 右:T-SHIRT ROUGH 各¥14,000(+tax)

左:PETIT STANDARD(インディゴ) ¥28,000 / 右:PETIT STANDARD(ウォッシュドインディゴ) ¥29,000(共に+tax)

SAC A DOS JJJJOUND ¥33,000(+tax)

左:SHOPPING JJJJOUND ¥11,000 / 右:TOTE JJJJOUND ¥10,000(共に+tax)

左:BOUGIE PARFUMEE JJJJOUND ¥5,000(+tax) / 右:BOUGIE PARFUMEE JJJJOUND 付属品 マッチ

左:BLOC-NOTES ET STYLOS JJJJOUND ¥3,500 / 右:PORTE-CLEFS JJJJOUND ¥6,500(共に+tax)

 

■「A.P.C. JJJJOUND INTERACTION #4」

2019年11月14日(木) 発売 ※渋谷PARCOは22日(金)より発売
展開店舗:代官山HOMME、青山店、原宿店、名古屋店、大阪なんば店、金沢店、京都店、福岡店、広島店、札幌店、渋谷PARCO、オンラインストア

お問い合わせ:A.P.C. CUSTOMER SERVICE TEL 0120-500-990

www.apcjp.com/jpn