ナイキラボがNike c/o Virgil Abloh”Athlete in Progress”コレクションの第二弾を発売 200m走世界チャンピオンのディナ・アッシャー=スミス選手をルックのモデルに起用

NIKELAB(ナイキラボ)は、Nike c/o Virgil Abloh(ナイキ c/o ヴァージル アブロー)”Athlete in Progress”コレクションの第二弾を、11月14日よりSNKRS、NIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5、DSM GINZAなどで発売をスタート。今年の6月に第一弾が発売され、ランナーが持つ揺るぎない自信をたたえるためにデザインされた。1984年のかつてないマラソンパフォーマンス(スポーツの祭典での初の女子マラソン競技開催)から、2019年の限界を破ろうとした継続的な挑戦、さらに自己新記録や世界記録への挑戦など、世界中のランナーたちは常に自分を信じる力を大切にしてきた。それぞれの時代の記録は違っており、レースは100分の1秒で勝敗が決まるが、チャレンジする姿勢は全てのランナーに共通し、ランナーが自分を信じる心はとても力強いもの。コレクションの第一弾として、6月28日に800mのチャンピオンであるキャスター・セメンヤ選手をモデルに起用したルックと共に、ランニングトップ、タイツ、ナイキ×Off-White ズーム テラ カイガー 5が発売された。今回新たに発売される第二弾のコレクションには、200m走世界チャンピオンであるディナ・アッシャー=スミス選手をルックのモデルに起用し、Nike×Off-White ヴェイパー ストリートをはじめ、ジャケット、タイツ、ブラなどアパレルのラインナップも含まれる。この”Athlete in Progress”コレクションで、ヴァージル・アブローはナイキが陸上の世界に残した輝かしい歴史に注目。コレクションにはパフォーマンス用のプロダクトと、ナイキの中でも人気の高いランニングシューズのデザインからインスピレーションを受けた、ランニング後に着用できるアパレルとフットウェアが含まれている。アブローは、「昨年の夏から今回の女性向けランニングプロジェクトにナイキと取り組んできた。その中で陸上選手たちの美しさやスタイルに強く影響を受け、ナイキのエリート陸上選手たちを私のSS19 Off-Whiteランウェイショーに招き、今回のコレクション開発に向けて自然な流れを作りました。」とコメント。Nike c/o Virgil Abloh”Athlete in Progress”は、昨年の9月にパリにて行われたOff-WhiteのSS19コレクションの中で、ディナ・アッシャー=スミス、ヴァシュティ・カニンガム、イングリッシュ・ガードナー、カタリナ・ジョンソン・トンプソン、ナビ・ティアム、カテリーン・イバルグエン、そしてレネル・ラモーらのアスリートたちにより発表された。Nike c/o Virgil Abloh”Athlete in Progress”コレクションの第二弾を、あなたのランニングファッションに取り入れてみてはいかが。

Nike x Off-White ヴェイパー ストリート 各¥20,900(税込)

 

■Nike c/o Virgil Abloh “Athlete in Progress”コレクション 第二弾

2019年11月14日(木)SNKRS、NIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5、DSM GINZAなどで発売

お問い合わせ:NIKE カスタマーサービス / TEL 0120-6453-77

www.nike.com