LEGO®︎がトモ・コイズミ、マーク・ロンソン、シモーネ・バイルズら注目のカルチャークリエーターをフィーチャーした「Rebuild The World/創造力が、世界を変える」キャンペーンビデオを公開

LEGO®︎(レゴ®︎)は、『Rebuild The World/創造力が、世界を変える』キャンペーンの一環として、音楽、スポーツ、そしてファッションの世界から3人のアイコンを迎え、創造力と遊びの大切さを探ったビデオシリーズを公開。クリエイティブな表現を模索でき、また問題解決を探る究極のプラットフォームとして、レゴ ®が紹介されている。ファッション界に新生Tomo Koizumi(トモ・コイズミ)、世界的ミュージシャン/プロデューサーのMark Ronson(マーク・ロンソン)、アメリカ代表オリンピック選手Simone Biles(シモーネ・バイルズ)がレゴ®︎とのコラボレーションを通して、未来を担う子どもたちの創造力を刺激し促進するビデオとなっており、彼らが一握りのシンプルなレゴ ®ブロックを使って、それぞれのクリエイティブプロセスを説明している。カラフルな生地、テクスチャー、そして服作品に溢れた空間にいるトモ・コイズミは、作品に用いるパターンをいかにして作り上げ、またいかにしてそこに自らのアートを構築していくかを、レゴ ®を使って披露。さまざまなカラー、シェイプ、そしてサイズが揃うレゴ ®ブロックが、いかに子どもたちをインスパ イアしているか、についてトモ・コイズミは語っている。マーク・ロンソンのビデオは、「Uptown Funk」や「Nothing Breaks Like a Heart」を生み出したレコーディングスタジオにて撮影され、彼のトラック制作とプロデュースのクリエイティブプロセスが披露されている。コードや反復(シークエンス)を構築し ていく作業は、レゴ ®ブロックでクリエイティブに遊ぶことととてもよく似ており、ひとつのブロックを一音符とし、複数のブロックから成り立つシェイプを1つのトラックに例えている。ロンソンは、「クリエイティブに遊び、始めから完成までの工程に満足を得た記憶ーレゴ ®ブロックを組み立てて遊んだ思い出は、そんな記憶の中でもっとも古いもののひとつ」とコメント。シモーネ・バイルズの映像は、彼女の練習場所であるトレーニングジムで、レゴ ®ブロックを使って演技の構成を作り上げていく姿が撮影されている。バイルズは、世界中の親子にむけてレゴ ®ブロックを使って様々なムーブメントを説明し、視覚的に彼女のクリエイティブプロセスとイマジネーションを説明。レゴ ®での遊びと、彼女の体操技術がもつ共通点について「レゴ ®ブロックに無限の可能性があることは誰の目にも明らか。体操も同じ。いろんな楽しみ方があって、積んで重ねて崩して、いくら でも形を変えることができる。クリエイティブになれる自由と、自信を持って発表できる作品を作り上げられる柔軟性を提供してくれるのが、レゴ ®ブロックだと思います」と語っている。トモ・コイズミ、マーク・ロンソン、シモーネ・バイルズら注目のカルチャークリエイターがフィーチャーされたLEGO®︎『Rebuild The World/創造力が、世界を変える』キャンペーンビデオを是非チェックして!

トモ・コイズミ

マーク・ロンソン

シモーネ・バイルズ

 

■LEGO®︎『Rebuild The World/創造力が、世界を変える』

YouTube レゴチャンネルまたはキャンペーンサイトにて公開中

www.LEGO.com