現代の都市生活を提案する”コレクティブ・ホテル”「DDD HOTEL」が日本橋馬喰町にグランドオープン 11月15日にデザイン・アート・食の才能が集うコンセプチュアルなホテルが誕生

近年、若手クリエイターやアーティストが集まり話題の東京イーストエリア・日本橋馬喰町に、デザイン・アート・食の才能が集う”コレクティブ・ホテル”「DDD HOTEL(ディーディーディーホテル)」が、11月15日にグランドオープン。”Live and Let Live(自分も生き、他人も生かす)”をコンセプトに自立した個性を認め合い違うまま共存する現代の都市生活のあり方を見つめ直し、めまぐるしく変化する日々の中で自分らしくあるための”再起動”を促す場所として、ホテルのあり方を再定義する。創業37年のビジネスホテルをフルリノベーションした施設内では、アートギャラリー「PARCEL」、カフェ&バー「abno」、キッチン&シェフズ・コレクティブ「nôl」を併設し、様々なクリエイターが集まる個性の集合体(= コレクティブ)がDDD HOTELを形成。空間設計にはケース・リアルの二俣 公一氏を迎え、時間によって様々な表情を見せる深いモスグリーンを基調に、シンプルでありながら上質な空間が誕生。アートギャラリー「PARCEL」では、プログラムディレクターにアート・コレクティブSIDECORE代表の高須 咲恵氏、ギャラリーディレクターに国内外の展覧会企画やアートコーディネーションを手がける佐藤 拓氏を迎え、現代美術を軸に様々なカルチャーや価値観を横断するプログラムを展開する。カフェ&バー「abno」では、”Look at coffee in a different light”をテーマに、P.N.B. CoffeeのオーナーバリスタPeter Buhl氏をはじめ、技術の高いバリスタが集い、世界レベルのコーヒーを提供。1Fのキッチンでは、日本のフランス料理界として最年少でミシュラン2つ星を獲得した厚東 創氏がディレクターを務める少数精鋭の料理人集団(シェフズ・コレクティブ)「nôl」が、フランス料理を追求し表現する実験的な活動を行う。スタッフユニフォームのデザインにAKIKOAOKIのデザイナー青木 明子氏、ルームウェアデザインにはHATRAデザイナー長見 佳祐氏を迎えるなど、現代のクリエイターが集い、いきいきと活動する、個性と良質なカルチャーを体験できる場所として、新たなホテルの形を提案。DDD HOTELに集まるクリエイターをはじめ、現代の都市を生きる人々が理想とする滞在を見つめ直し、たどり着いたサービスのあり方は”ミニマル・ラグジュアリー”。コンパクトな客室では、アメニティや設備など、必要最小限のものやことを高いクオリティで提供し、忙しい日々から隔絶され、ふと自分を見つめ直すことで、”再起動”できる環境を追求する。都市でいきいきと活動する、現代の人のための”コレクティブ・ホテル”「DDD HOTEL」に、注目してみて!

■DDD HOTEL

2019年11月15日(金)GRAND OPEN / 東京都中央区日本橋馬喰町2丁目2-1 / TEL 03-3668-0840

CAFE & BAR abno(アブノ):DDD HOTEL 2F / モーニング 7:00~10:00 カフェ&バー 10:00~23:00 / 定休日:無休 / www.dddhotel.jp/abno

KITCHEN & CHEFʼS COLLECTIVE nôl(ノル):DDD HOTEL 1F / 営業時間:不定期 / nol.jp ※12月下旬公開予定

ART GALLERY PARCEL(パーセル):DDD HOTEL 1F / 営業時間:不定期 / parceltokyo.jp

dddhotel.jp