Reebok CLASSICから”INSTAPUMP FURY BOOST™”の第二弾『OG MEETS OG』を発売 リーボックとアディダスのレガシーを融合した「INSTAPUMP FURY」と「ULTRABOOST」のオリジナルカラーを採用

Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)から、”INSTAPUMP FURY BOOST™(インスタポンプフューリーブースト)”の第二弾、『OG MEETS OG(OG ミーツ OG)』を、10月25日より、世界に先駆け発売された。この”INSTAPUMP FURY BOOST™”は、「INSTAPUMP FURY」発売25周年を記念し、リーボックを代表するモデル「INSTAPUMP FURY」に、adidas(アディダス)の革新的なミッドソールテクノロジーBOOST(ブースト)を初めて取り入れた、新世代に向けた「INSTAPUMP FURY」。今回の『OG MEETS OG』は、10月11日に第一弾として発売された『PROTOTYPE』に続くリリースパックとなっている。『OG MEETS OG』は、1994年に初めて登場した、リーボックを代表するモデルである「INSTAPUMP FURY」の初期カラーリング、通称”シトロン”カラーと、2015年にデビューし、アディダスが誇るクッショニングテクノロジーを搭載した「Ultraboost」初期モデルのカラーリングが採用され、ふたつのオリジナル(OG)カラーリングとイノベーションが初めて出会った”INSTAPUMP FURY BOOST™”が、この『OG MEETS OG』。「INSTAPUMP FURY」は、当時として斬新な、ソールを2つに分断した特徴的なシルエットに加え、デザイナーのスティーブン・スミス氏が、当時アメリカのカスタムカー”ホットロッド”の炎ペイントに夢中になっていたことから、ランナーがシューズを履いた際に、炎に包まれているかのように見えるよう、シトロンイエローとレッドを用いた大胆なカラーリングを採用した。この鮮やかなカラーリングにより、「INSTAPUMP FURY」は、文字通りスタイルアイコンとしての地位を築いている。一方、アディダスの「Ultraboost」は、ミッドソールに ”衝撃吸収性”と”反発力”という相反する要素を兼ね備えた革新的な素材「BOOST フォーム」を100%使用したランニングシューズとして、2015年に発売された。その高いパフォーマンス性とスタイリッシュなデザインが高い支持を受け、一躍アディダスを代表するランニングシューズとなった。また数々の人気ミュージシャンやセレブリティが着用したことも話題となり、ランニングシューズという枠を超え、ファッションアイテムとしても人気を博し、その「Ultraboost」の原点である初期モデルのブラックとダークパープルの組み合わせは、「Ultraboost」の歴史を彩る象徴的なカラーリングとして、今でも多くのスニーカーファンの記憶に残っている。あなたのファッションに合わせたReebok CLASSIC『OG MEETS OG』を、セレクトしてみて!

■Reebok CLASSIC『OG MEETS OG』

2019年10月25日(金)発売 / サイズ:23.0cm~30.0cm(ユニセックス) ¥24,000(+tax)

展開店舗:リーボック オンラインショップ / ABC-MART GS 3.0 Harajuku / ABC-MART GS 3.0 Ginza / ABC-MART GS 3.0 Odaiba / atmos Blue Omotesando / アトモス ハラジュク / atmos Shibuya / atmos Shinjuku / BEAMS HARAJUKU / BILLY’S ENT TOKYO SHIBUYA / BILLY’S ENT SHINJUKU / BILLY’S ONLINE / GR8 / KICKS LAB. / mita sneakers / Styles Daikanyama / UNDEFEATED Shibuya / UNDEFEATED Harajuku / UPTOWN Deluxe Fukuoka

お問い合わせ:リーボック アディダスグループお客様窓口 / TEL 0570-033-033(電話受付 平日 9:30~18:00)

https://reebok.jp/