障害・性・世代・言語・国籍などを超えたパフォーミングアーツの祭典「True Colors Festival - 超ダイバーシティ芸術祭 -」のイベント第二弾『True Colors BEATS』を代々木公園野外ステージ・イベント広場にて開催

障害・性・世代・言語・国籍などのあらゆる多様性があふれ、みんなが支え合う社会の実現を目指し、2019年9月~2020年7月まで開催される「True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭 -」は、1年間を通じダンス・ミュージカル・音楽ライブ・演劇・ファッションショーなど、多彩な身体表現によるシリーズ「True Colors パフォーミングアーツ」を展開。その第二弾となるイベント『True Colors BEATS ”Uncountable Beats Festival”』が、10月22日に代々木公園野外ステージ・イベント広場にて開催される。ハンドサインによって言語を超えた即興演奏を生みだすアルゼンチンを代表するアーティスト、サンティアゴ・バスケスが、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、大友良英ら日本のアーティストと共演し、音楽とアルゼンチンの料理や自然食でフェスを盛り上げる。True Colors BEATSでは、事前に公募型ワークショップも開催され、当日のステージでアーティストとの共演も実現。9月10日に開催された第一弾『True Colors DANCE ”No Limits”』では、世界各地で公演を行う障害者8人組によるブレイクダンスグループ「ILL-Abilities(イルアビリティーズ)」をカナダより招へいし、日本のトップダンサーとのダンスバトルが開催された。2024年パリオリンピックで追加競技として承認された「ブレイクダンス」。ダンスバトルの対戦相手として、日本のブレイクダンス界を担う、Bboy Shigekix、Bgirl RamやBboy Taisukeが出演した。サンティアゴ・バスケスの音楽技法”Rhithm With Signs(リズム ウィズ サイン)”と日本のアーティストが奏でるセッションをお楽しみに!

■「True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭 -」第二弾イベント『True Colors BEATS』

2019年10月22日(火)代々木公園野外ステージ・イベント広場にて開催(東京都渋谷区代々木神園町2-1) / マーケット 12:00~18:00 ライブ 14:00~18:00 / 入場料無料、申込不要 ※荒天の場合は中止になる可能性があります。

出演者:イベント・ディレクター サンティアゴ・バスケス / ゲスト・アーティスト(ワークショップ、フェスティバルに参加) ermhoi(エルムホイ)、xiangyu(シャンユー)、岩崎なおみ、大友良英、角銅真実、勝井祐二、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、フアナ・モリーナ、ミロ・モージャ / ゲストバンド YAKUSHIMA TREASURE(水曜日のカンパネラ×オオルタイチ)、Monaural mini plug(モノラルミニプラグ)

アクセシビリティ対応項目:ゆずりあいゾーン(車椅子をご利用の方、体の不自由な方、聴覚障害のある方、視覚障害のある方、小さいお子さまをお連れなどの方への優先エリア)・筆談ボード・多目的トイレ・近隣に有料駐車場あり・会場案内スタッフ(多言語対応)

truecolors2020.jp