SERAPIANがミラネーゼのエレガンスを象徴する歴史的な建築物Villa Mozartにて2020年春夏コレクションを発表 フレッシュで美しいフラワートーンのハンドクラフトアイテムが登場

象徴的なスタイルを作り上げる洗練されたテイストと、ミラネーゼらしい魅力のコンビネーションによってもたらされるエレガンスで世界観を構築しているSERAPIAN(セラピアン)が、2020年春夏コレクションを発表。コレクションのプレゼンテーションは、メゾンのショールームでもあり、ミラネーゼのエレガンスを象徴する、20世紀初頭に建てられた歴史的な建築物Villa Mozart(ヴィラ・モーツァルト)にて開催。会場は、Cameranesi Pompiliによってキュレーションされ、芸術的な彫刻とフラワーアレンジメントを探求し、エフォートレスで洗練された雰囲気が演出される。本コレクションでは、フレッシュで美しいフラワートーンのハンドクラフトアイテムが発表され、陽気でシックな夏の長い日々を表現する素材として初めてストローが使用される。また、明るいムードに希少さを加えるクロコダイルレザーを組み合わせることにより、より洗練された印象を与える。「Villa Bag(ヴィラバッグ)」は、繊細で香り高い花々を想起させる柔らかいニュアンスで表現され、クラシックなエレガンスに新鮮さとモダンな要素が加えられている。ブランド創業者であるステファノ・セラピアンによって1940年代に生み出されたブランドのアイコンである「Mosaico(モザイコ)」には、より小さいサイズのモデルが新しく追加され、フェミニンなムードのコレクションとマッチする鮮やかなカラーを加えて、更に特別なプロダクトとなっている。”Signed by our Artisans”は、「モザイコ」へのオマージュとして敬意を表すためスタートし、メゾンの熟練した職人達によって様々なユニークなアイテムが蘇る。また過去にも、職人が自身で制作したプロダクトに名前を記していたように、本コレクションでも内側のタグに職人のサインが施され、そしてレッド、イエロー、グリーン、グレーなどのストライプをバッグ外側にランダムに編み込むことでも、1点1点を更にパーソナライズ。これによりプロダクトは文字通り唯一無二のものとなり、バッグを身に着ける人々と職人たちをより強い絆で結びつける。陽気でシックな夏の日々を連想させるアイテムが揃った、SERAPIANの2020年春夏コレクションをぜひチェックして。

■SERAPIAN 2020年春夏コレクション

www.serapian.com