7年目を迎えるMICHAEL KORSの慈善活動”ウォッチ・ハンガー・ストップ”にアカデミー賞受賞女優ルピタ・ニョンゴが参加!チャリティTシャツの新デザインも発表 #watchhungerstop

MICHAEL KORS(マイケル・コース)は、アカデミー賞受賞女優であるLupita Nyong’o(ルピタ・ニョンゴ)が、ブランドの飢餓撲滅を目指した慈善活動”ウォッチ・ハンガー・ストップ”に参加することを発表。この活動は、国連WFPと同団体が運営するスクール・ミール・プログラムを支援して7年目を迎え、サポートを始めてからこれまで1800万食以上を提供してきた。才能溢れるニャンゴのキャリアは、トニー賞ノミネート作品『イクリプスト(原題:Eclipsed)』でのデビューから始まり、『それでも夜は明ける(原題:12 Years A Slave)』(2014年日本公開)では、パッツィ役で第86回アカデミー賞助演女優賞を受賞。直近ではゾンビコメディ『リトルモンスター』への出演に加え、10月15日(ニューヨーク時間)にサイモン&シュスター社より子供向けの本『Sulwe』が出版される。さらにニョンゴとDanai Gurira(ダナイ・グリラ)が上梓した小説『アメリカーナ(英題:Americanah)』は、HBO Maxにて10話限定のシリーズ化が決定し、グリラが台本を書き製作指揮を務め、ニョンゴは同シリーズに出演する。たくさんのオファーがあるにも関わらず、ニョンゴは自身の才能や影響力を様々な重要課題をサポートするために使うべきと信じており、彼女は女性と少女の熱心な擁護者であり、野生生物保護の熱心な支持者でもある。現在はWildAid(国際環境保護団体ワイルドエイド)のグローバル・エレファント・アンバサダーを務めている。今年のウォッチ・ハンガー・ストップキャンペーンのテーマは”FOOD IS LOVE”。この言葉はマイケル・コースがなぜこの問題に取り組むのかと問われた時によく口にする言葉。子どもたちの成長のために食事を提供し、子どもたちの夢や希望を共有することは、世界中で自分の道を切り拓くためのサポートをすること。学校給食は食糧供給が不安定な地域の子どもたちに、成長と繁栄に必要な栄養を提供し、彼らはまた学校給食の提供だけでなく、子どもたち(特に女の子たち)を学校へ行かせる手助けとして特別支援を提供する。マイケル・コースは、10月16日の世界食糧デーがある10月は、ウォッチ・ハンガー・ストップ活動強化月間として、毎年国連WFPへ一層の基金を募るために特別にデザインされた限定アイテムを発表している。今年はシンプルで明解な”LOVE”という言葉をTシャツとトートバッグに施したアイテムを製作。これらのアイテムは、公式オンラインストア、及び一部のマイケル・コースストアにて10月1日より、世界で一斉に発売された。”LOVE”Tシャツ1枚、またはトートバッグ1点をお買い上げ毎に、マイケル・コースは売上げ利益のすべて(約100食分=$25相当)を国連WFPへ寄付。さらに購入した方がこれらのアイテムを着用してセルフィーを撮り、ハッシュタグ#watchhungerstopをつけてオンライン上へ投稿すると追加で100食($25相当)の学校給食が国連WFPへ寄付される。10月1日から31日までの間、一部のマイケル・コースストアにて寄付も受付しており、500円($5相当)で約1ヵ月分の学校給食を提供。日本では銀座店、表参道店、神戸店、心斎橋店、福岡店の5店舗で募金することができる。新デザインのチャリティTシャツを着て、あなたもマイケル・コースの慈善活動”ウォッチ・ハンガー・ストップ”に参加してみてはいかが。

ウォッチ・ハンガー・ストップ LOVE Tシャツ 各¥8,000(+tax)

ウォッチ・ハンガー・ストップ LOVE トートバッグ(H18×W41×D2cm) ¥9,000(+tax)

■MICHAEL KORS ”ウォッチ・ハンガー・ストップ”

2019年10月1日(火)~31日(木)一部のマイケル・コース ストアにて寄付受付(500円($5相当)で約1ヵ月分の学校給食を提供)。日本では銀座店、表参道店、神戸店、心斎橋店、福岡店の5店舗にて募金受付

お問い合わせ:マイケル・コース カスタマーサービス TEL 03-5772-4611

MICHAELKORS.JP