RALPH LAURENがスマートかつスタイリッシュなアールデコ風のナイトクラブRalph’s ClubにてFall 2019 Women’s Collectionを発表 伝統的なシルエットに絶妙なディテールとさりげなさという新しい感性を融合

RALPH LAUREN(ラルフ ローレン)は、スマートかつスタイリッシュなアールデコ風のナイトクラブRalph’s Clubにて、Fall 2019 Women’s Collectionを発表。歴史的なマンハッタンのダウンタウンの中心に現れたRalph’s Clubは、1920年代と30年代のニューヨークの華やかなライフスタイルに着想を得ている。この設定は、ニューヨーカーがお互いを見たり、見られたりするために着飾っていたきらびやかな時代を再考し、現代のファッションコンシューマーのためにドレスアップする機会を提供するというコンセプトを形にしたもの。新しいコレクションのスピリットのショーケースとなるべく、Ralph’s Clubでは、RALPH LAURENワールドというレンズを通して、ファッション、ホスピタリティ、テーマに沿ったライブパフォーマンスで表現された。本コレクションでは、モダンな女性らしさの力強い表現として、ブラックタイの着こなしが前面にだされており、洗練されたイブニングの装いと仕立てのよいタキシードのもつタイムレスなエレガンスに着想を得て、伝統的なシルエットに絶妙なディテールとさりげなさという新しい感性を融合させた。洗練されたブラック&ホワイトのパレットに、デカダンなサテン、ベルベット、ラメ、スパンコールカシミア、フェイクファーといった素材による、パープル、クリムゾン、サファイアブルー、それにイエローの鮮烈なトーンが散りばめられている。それぞれの色と質感は、このシーズンの場面に合わせた見本となる着こなしを、さらに高みへと押し上げ、精緻なエンブロイダリー、スパンコール、ビーズ、それにクリスタルが、アールデコ時代の幾何学的デザインを再構成し、伝統的でありながら魅惑的でもある洗練された混在感を提示する。アイコニックなマティーニ ポロベアにフィーチャーしたブラックスパンコールのショートカクテルドレスは、着る人の思いもかけない魅力を引き出すはず。RALPH LAURENのシグネチャーであるタキシードは、小さなボウ、あるいはドラマチックなボウが完成させるビブフロント付きのウィングカラーのドレスシャツをはじめとする、フォーマルな要素のユニークな組み合わせによって再構成されている。ラルフ ローレンは、「最初のウィメンズコレクションから現在に至るまで、私はタキシードを着こなす女性のルックに愛情を持ち続けてきました。私のFall 2019 Women’s Collectionは、自立した魅力ある現代女性にこれまで以上に密接な関係をもつ、そのタイムレスなスタイルを称賛するものです。」とコメント。Ralph’s Clubはブランドの進化をさらに押し広げるもので、ユニークな体験を生み出し、クリアなファッションと文化的なストーリーを駆使することで、世界中のファンの皆様とつながることを目指す。最初のショー以来、ブランドの代名詞となってきたタキシードは、コレクション全体を通して力強い主張を繰り広げながら、50年以上にわたりRALPH LAURENブランドを定義してきたアイコニックなルックと絶妙なクラフツマンシップへのオマージュにもなっている。本コレクションのアイテムは、RalphLauren.comおよび世界各地のフラッグシップストア、トップリテールパートナーを通じて購入可能。日本国内ではラルフ ローレン 表参道、ラルフ ローレン 玉川、ラルフ ローレン コレクション 伊勢丹新宿店にて発売予定となっている。あなたもRALPH LAUREN Fall 2019 Women’s Collectionのタキシードを着こなしてみてはいかが。

ⒸMilk Digital

ⒸCourtesy of Ralph Lauren

 

■RALPH LAUREN Fall 2019 Women’s Collection

https://www.ralphlauren.co.jp/