Sergio Rossiが新しい「3Dセルジオ ロッシ スーパーヒール」を含む2020年春夏コレクションを発表 黒と白の世界にドラゴンフルーツとサファイアのポップなカラーを差しこみ最も大胆さを魅せる新たなシーズン

最も大胆さを魅せる新たなシーズンを迎えるSergio Rossi(セルジオ ロッシ)は、シグネチャーデザインとなる新しい「3Dセルジオ ロッシ スーパーヒール」を発表。優れたアーカイブに再び注目をすることでブランドのDNAに忠実でありながら、この新しいコレクションは、視覚的に黒と白の世界にドラゴンフルーツとサファイアのポップなカラーを差しこみ、未来を見据える。乱れのない美しいラインが要となる非常に構築的なコレクションは、偶然性や解釈する余地を与えず、象徴的な洗練されたデザインと卓越したロゴマニアは、90年代の自発的な大胆さがコレクションに深く影響を与えている。1969年にまで遡り発見されたセルジオ ロッシのロゴは新しいグラフィックとして生まれ変わり、一目で心を奪うような魅力に溢れる彫刻的なヒールとして主役に躍りでた。シグネチャーデザインとなる新しい「3Dセルジオ ロッシ スーパーヒール」は、なめらかで光沢ある美しさを引き出すために、ラッカーコーティングの革新的な高耐性素材を採用。そのシャープなシルエットはスポットライトを独占する。ポインテッドトゥパンプスSERGIOからジオメトリックなスクエアトゥのサンダルやミュールに至るまで、それぞれにあしらわれたアイキャッチなヒールが積極的に様々なスタイルの独自性を際立てる。これらのエレガントでフェミニンなデザインは大胆さを纏い、シックなラミネートレザーを採用。時には鮮やかな色調でパイソンのモチーフがプリントされ、タイムレスに愛されるシルバーもラインナップ。ロゴマニアのトレンドに合わせて、ブランドのイニシャルであるSとRの形の装飾のディテールも登場。ベルクロストラップを使った都会的でクールなスニーカーや、ポインテッドトゥにチャンキーヒールを合わせたSERIGOパンプスからグラフィックなTストラップのデザイン、ミュール、サンダル、そしてフラットにもあしらわれている。セルジオ ロッシを最も象徴するスタイルで、ブランドの新たな方向性を示したsr1ファミリーは、90年代のスクエアシルエットで魅了し続けており、2020年春夏コレクションでは、スクエアシルエットに加え、クリスタルが施された黒い網タイツのような官能的な魅力によって高められ、ブランドのクラシックで洗練された女性らしさを称える。90年代の自発的な大胆さに深く影響されたセルジオ ロッシの2020年春夏コレクションをぜひチェックして。

■セルジオ ロッシ 2020年春夏コレクション

www.sergiorossi.com