AGNONAがフォトグラファー エズラ・ペトロニオによるリヤ・ケベデにフィーチャーしたAW19シーズンのデジタルキャンペーン&ムービーを発表 エフォートレスでシックな雰囲気をもつ理想的なアニオナの女性像を体現

AGNONA(アニオナ)は、フォトグラファーEzra Petronio(エズラ・ペトロニオ)撮影によるLiya Kebede(リヤ・ケベデ)にフィーチャーした2019年秋冬シーズンのデジタルキャンペーンを発表。「服に注目する前にそれを身にまとう女性に注目してください」アニオナのクリエイティブディレクタSimon Holloway(サイモン・ホロウェイ)が、リヤ・ケベデが主演するブランドの最新のデジタルキャンペーンを通じて伝えたいメッセージ。サイモンは、日頃リヤのキャリアと私生活を追い続け、常に彼女を賞賛してきた。彼女は、自信に満ちながら肩肘をはらず、エフォートレスでシックな雰囲気をもつまさに理想的なアニオナの女性像を体現している。リヤ・ケベデはモデル、活動家であり、母親、そしてデザイナー。彼女はニューヨークとパリを行き来し生活しており、彼女の一挙手一投足は、自信に満ち自由でエレガント。彼女はいつでも、自分のスタイルを反映したさりげなくかつ最高品質の服を着ることを愛している。ビデオキャンペーンはパリにて撮影され、リヤの人生の1日を垣間見ることができる。彼女がよく知る街で、エズラ・ペトロニオの丁寧な描写を通じ、リヤの非常に自由な瞬間が捉えられた。 映画のような感覚で、1980年代のフランス版エル誌でHans Feurer(ハンス・フューラー)が見せた時代を超越した写真をチャネリングして。リヤは素晴らしくラグジュアリーな服に身を包みパリの街を歩く。オークルのアルパカのピーコートをチャコールのカシミアフランネルのゆったりとしたパンツの上に着用し軽やかに動き、長いシャツの下に着た、タータンの長いプリーツスカートが渦を巻き、革のベルトはほどけそうなほどルーズに。ウールギャバジンのテーラードショルダージャケットのアンサンブル、やや大きめのパンツと組み合わされている。またウールとカシミアのソルト&ペッパーツイードのタートルネックとパンツは、「カーディジャケット」との組み合わせによりエレガントな仕上がりに。彼女は何の制約もなしに、エフォートレスに服を着る。気分に応じて、袖は引き下げられ、動きの自由を与えるために、コートはボタンを外したままに、ベルトも緩め留めて。服に寄り添う事を愛し、それは贅沢なマイホーム主義。街に訪れる最初の秋の気配に最適なアウトフィットとなり、見せかけではなく、彼女はいつも楽にシックに見える。リヤはアニオナを擬人化し、テーラーリングがスポーツウェアと融合した、ゆったりとしたフォーマルに。エネルギー、音楽、想像力、美しい言葉、愛からインスピレーションを受けると言うリヤ。彼女が好む「エレガンスはシンプルさ、そして静かさの中にある…」という言葉は、まさにアニオナのエスプリを端的に表現する言葉でもある。AGNONAの2019年秋冬シーズンのデジタルキャンペーン&ムービーで、リヤの自由でエフォートレスな姿をチェックしてみて。

■AGNONA AW19 デジタルキャンペー

http://www.agnona.com/