約100年の時を経て復活したドイツのフレグランスブランドCIROが女性の本質を香りで表現した新商品「COLUMBINE」を発売

ドイツのニッチフレグランスブランドCIRO(シロ)が、女性の本質を香りで表現した新商品『COLUMBINE(コロンビーナ)』を10月5日に発売。プロダクトデザインに長けたCIROは、N.Y.で誕生してから約100年の時を経て復活した幻のフレグランス。2018年日本初上陸してからは、アバンギャルドな香りとボトルデザインが特徴でレディース、メンズ共に支持されている。16世紀から18世紀にかけてイタリアで盛んだった即興喜劇「コメディア・デラルテ」中の作品に登場するキャラクターであり、秘密のヒロイン「ハーレイクインの恋人」。彼女はセンシュアルさとエロスをまとった本物の女性、他のどんな作品のヒロインにも真似のできない唯一無二の存在。フェミニンでコケティッシュな魅力をふりまきながらも、その一方で何事にも動じず、き然として自信に満ち溢れている彼女の愛らしさと強さは、人を虜にしてやまない。『COLUMBINE』は、そんな女性の本質を香りで表現した、ありのままの自分を生きる人物像へのトリビュート。トップノートは、ヘスペリデスの園で実ったフレッシュなシトラスの香り。明るいピンクペッパーとの絶妙なコントラストでエキサイティングなミドルノートへと誘う。ミドルノートでスポットライトを浴びるのは、シルキーでパウダリーなアイリスと、ピーチのようなオスマンサスの花。ほんのりとバニラが立ちのぼるスエードと柔らかなムスクが、オスマンサスブロッサムに潜むまろやかなレザーの香りを際立たせる。ネロリがハチミツのような濃厚な甘さを添え、タバコバーボン、ベチバー、そしてバルサム調の心地よさを思わせるベンゾインが、この魅惑的な香りのフィナーレを華麗に締めくくる。約100年の時を経て復活したCIROから発売された『COLUMBINE』で、エロスを感じさせながらもエレガントで気高く、人を惹きつけてやまない女性の本質を表現した香りをあなたも身に纏ってみてはいかが。

■CIRO「COLUMBINE」

2019年10月5日(土)発売 / 100ml ¥25,000(+TAX)

取扱店舗 : エストネーション六本木ヒルズ店、阪急MEN’S TOKYO、NOSE SHOP NEWoMan新宿等

https://ciroparfums.jp/