adidas Consortiumよりアメリカのアトランタに本拠地を置く”Social Status”とのコラボレートから誕生したエクスクルーシブなシューズ「P.O.D. System」が発売

adidas Consortium(アディダス コンソーシアム)より、アメリカのアトランタに本拠地を置くSocial Status(ソーシャル ステータス)とコラボレーションした「P.O.D. System(ピー・オー・ディー・システム)」が、9月21日より、国内では限定された店舗(mita sneakersStylesUNDEFEATED)にて発売。adidas(アディダス)は「Communitas」の最新エディションで、クリエイティブな業界における若者のエンパワーメントというゴールを共有するSocial Statusとタッグを組み、Communitasの傘下でコラボレーションを行うことで、このゴールの達成を促した。Social Statusは、アメリカのアトランタ市に本拠地を置くリテーラー。ファッションやストリートウエアに関して影響力を持っているだけでなく、メンターによる指導、サポート、助言を地元の若者に提供していることでも知られており、今ではコミュニティを支える柱の1つとなっている。”beSocial(ビーソーシャル)”という名前のスペースを新設し、ファッション、音楽、起業精神など様々なテーマに関するディスカッションや実践的なワークショップをそこで主催している。Social StatusとのコラボレーションによるCommunitasプログラムに命を吹き込む役割を果たしたのが、「adidas Sound Labs(アディダス サウンドラボ)」というイニシアチブとの連携。音楽教育を通じた才能の発掘・育成に焦点を合わせて、高価なツール、リソース、機会を次世代のクリエイターたちに提供した。adidas ConsortiumとSocial Statusはアトランタ市に新設された「beSocial x adidas Sound Labs」という創作活動のハブとレコーディングスタジオを拠点にして、今年の夏を通して一連のワークショップを共催。これらのワークショップには、各分野で高く評価されているアトランタ在住のメンターたちが参加し、学生たちはメンターの指導を受けながら、この新しいクリエイティブスペースの設計や、「Communitas Social Status」キャンペーンのクリエイティブコンセプトの考案・発表を手伝うとともに、創作活動における自分自身のゴールも設定した。当プログラムの最後を飾るのはadidas Originals(アディダス オリジナルス)の「P.O.D. System」シルエットを生まれ変わらせたエクスクルーシブなシューズ。プレミアムな素材を使用し、Primeknit(プライムニット)のアッパーにヌバック製のオーバーレイとフルグレインレザー製のディテールをあしらったデザインは、ブラックとホワイトという対照的なトーナルカラーウェイを採用。ワークショップの中で、学生たちはキャンペーンのコンセプトを考えて発表するよう指示された。最終的なアイディアが選ばれた後、学生たちはSocial Statusの制作チームと協力してキャンペーン用のアセットを制作し、それらはキャンペーンの目玉として採用された。次世代のクリエイターたちが制作したadidas Consortium × Social Statusの「P.O.D. System」の履き心地を、あなたの足で確かめてみて。

■adidas Consortium x Social Status P.O.D. System

2019年9月21日(土)発売 / ¥25,000(+tax)

国内展開店舗:mita sneakersStylesUNDEFEATED

お問い合わせ:adidas fashion group showroom TEL 03-5547-6501