rag & bone 2019フォトプロジェクトにモデルの福士リナとプロスケートボーダーのライリー・ハークを起用 ArkAirとの新しい限定コラボレーションアイテムも登場

rag & bone(ラグ アンド ボーン) 2019フォトプロジェクトに、国内外で活躍している日本人モデルの福士リナとスケートコミュニティで伝説と位置づけされるTony Hawk(トニー・ホーク)の息子でプロスケートボーダーのRiley Hawk(ライリー・ハーク)が登場。ニューヨーク・ブルックリンのレッドフックで撮影された本フォトプロジェクトは、rag & bone 2019年秋コレクションを特徴としており、ミリタリーやアメリカのワークウェア、スポーツ、英国テーラーがミックスされている。レディースアイテムは、アイコン的なシルエットのアウターウェアとShiloh Bootを全体的に強調されている。メンズは機能性とクラフトマンシップのディテールにこだわったアイテムが打ち出されており、特に英国でデザイン・製造された機能性の高いアウターウェアで知られている、ArkAirとの新しい限定のコラボレーションのアイテムが登場。日本人モデルの福士リナとプロスケートボーダーのRiley Hawkが登場するrag & bone 2019フォトプロジェクトを、ぜひチェックしてみて。

福士リナ

ライリー・ハーク

 

■rag & bone 2019フォトプロジェクト

www.rag-bone.com